弥生賞 2020 予想【ドラマ見たいけど実績重視】

昨年急死したディープインパクトを称え、今年から弥生賞ディープインパクト記念へ改称されました。
そんな中、出走中唯一のディープインパクト産駒であるサトノフラッグが前日1番人気。武豊騎手と揃いに揃った感じですね。確かに、改称された一発目が武豊騎手、ディープインパクト産駒が勝利というのは確かに素晴らしいシナリオ。そんなドラマを見せてもらいたい期待もありますが、予想としては、実績を重視してあの馬から入っていきたいと思います。、

本命は、ワーケア

前走のホープフルSで3着。スタートで他馬にはさまれ位置が悪くなりましたが、それでも3着にもってきたのは能力がある証。勝ち馬コントレイルには敵わなかったでしょうが、もっと位置が良ければ2着まではあったと思います。

本番は先になるのでここは万全ではないと思いますが、前走ほど強い馬は多くはいないでしょうから、中団より前で脚を溜める競馬ができれば、自ずと勝ち負けは見えてくると思います。

相手は、オーソリティとブラックホール

オーソリティはホープフルS5着。ブラックホールは馬場が悪くなれば札幌2歳S時と同じような走りを期待できると思います。

サトノフラッグは道悪が心配なのと、ワーケアとの組み合わせは妙味がないので、ワーケア軸の相手2頭での馬連勝負。

◎ワーケア
○オーソリティ
▲ブラックホール

2020, 予想, 弥生賞

Posted by OG