ユニコーンステークス 2019 データ分析

2019/06/16(日)
第24回 ユニコーンステークス
3回東京6日目 3歳 3歳オープン
(国際)(指定)別定
本賞金:3500、1400、880、530、350万円

データは過去10年分です。(※2013年は3着同着。)

ユニコーンステークス 2019 人気別データ

人気 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-3-0-3 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
3番人気 3-1-4-2 30.0% 40.0% 80.0%
4番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%

勝利馬は全て3番人気以内から。また3番人気以内は勝利だけでなく複勝率も70.0%、80.0%と高く、非常に堅実。

穴馬の好走もありますが好走しても1頭まで。各年、6番人気以下から2頭の好走馬が出てきたことは、この10年で1度もありません。

ユニコーンステークス 2019 単勝オッズ別データ

単勝オッズ 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1~1.9倍 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
2~2.9倍 2-3-0-1 33.3% 83.3% 83.3%
3~3.9倍 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
4~4.9倍 2-2-0-1 40.0% 80.0% 80.0%
5~5.9倍 0-1-4-0 0.0% 20.0% 100.0%
6~6.9倍 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
7~7.9倍 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
8~8.9倍 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
9~9.9倍 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
10~14.9倍 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
15~19.9倍 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%
20~29.9倍 0-0-3-10 0.0% 0.0% 23.1%
30~39.9倍 0-0-2-10 0.0% 0.0% 16.7%
40~49.9倍 0-0-0-12 0.0% 0.0% 0.0%
50~59.9倍 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
60~69.9倍 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%
70~79.9倍 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
80~89.9倍 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
90~99.9倍 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
100倍以上 0-0-0-36 0.0% 0.0% 0.0%

軸となるのは単勝オッズ6倍未満。6倍以上になるとガクッと率が下がります。
相手候補は単勝オッズ15倍未満が良さそう。

ユニコーンステークス 2019 性別データ

性別 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
牡馬・セン馬 9-8-11-107 6.7% 12.6% 20.7%
牝馬 1-2-0-21 4.2% 12.5% 12.5%

牝馬の好走馬3頭は、前走オープン特別戦で勝ち負けになった馬たちで、3頭ともに当日4番人気以内の人気馬。人気馬なら注意したいですね。

ユニコーンステークス 2019 所属別データ

所属 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
関東馬 3-3-4-60 4.3% 8.6% 14.3%
関西馬 7-7-7-68 7.9% 15.7% 23.6%

関西馬が勝率、連対率、複勝率と全てで優勢。

ユニコーンステークス 2019 馬体重別データ

馬体重 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
399kg以下 0-0-0-0
400~419kg 0-0-0-0
420~439kg 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 1-0-1-16 5.6% 5.6% 11.1%
460~479kg 4-3-7-28 9.5% 16.7% 33.3%
480~499kg 2-2-2-46 3.8% 7.7% 11.5%
500~519kg 2-3-0-25 6.7% 16.7% 16.7%
520~539kg 1-2-0-11 7.1% 21.4% 21.4%
540kg以上 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

馬体重460kg~479kg組が複勝率33.3%で優勢。この10年連続が好走馬が続いています。馬体重は当日になってみないとわかりませんが、今年も続くかもしれないですね。

ユニコーンステークス 2019 前走クラス別データ

前走クラス 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
G1 0-0-0-11 0.0% 0.0% 0.0%
G2 3-1-2-9 20.0% 26.7% 40.0%
G3 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
LまたはOP特別 5-8-7-55 6.7% 17.3% 26.7%
1000万下 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
500万下 1-1-2-48 1.9% 3.8% 7.7%

ユニコーンステークス 2019 前走レース別データ

前走レース 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
UAEダービー 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
兵庫チャンピオンシップ 3-1-1-4 33.3% 44.4% 55.6%
伏竜S 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
鳳雛S 1-1-1-8 9.1% 18.2% 27.3%
青竜S 1-2-3-12 5.6% 16.7% 33.3%
端午S 1-3-0-14 5.6% 22.2% 22.2%
昇竜S 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
いぶき賞 0-1-1-2 0.0% 25.0% 50.0%
ヒヤシンスS 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
三浦特別 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
3歳500万下 1-1-2-43 2.1% 4.3% 8.5%

好走馬が出てきているのは上記11レースから。

好相性なレースは多いですが、中でも特に良いのが前走兵庫チャンピオンシップ組。そのままでも複勝率は55.6%と高め。さらにここから前走2着以内の連対馬に絞り込むと【3-1-1-1】。複勝率83.3%の好走データとなります。

ユニコーンステークス 2019 前走人気別データ

前走人気 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-4-3-18 13.8% 27.6% 37.9%
2番人気 2-2-2-16 9.1% 18.2% 27.3%
3番人気 2-0-3-15 10.0% 10.0% 25.0%
4番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
5番人気 2-0-0-10 16.7% 16.7% 16.7%
6番人気 0-1-1-11 0.0% 7.7% 15.4%
7番人気 0-0-2-7 0.0% 0.0% 22.2%
8番人気 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
9番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬は前走5番人気以内から。好走馬の約7割は前走3番人気以内から出てきています。
中でも前走1番人気が順当に最多好走、最も良い成績を残しています。

ユニコーンステークス 2019 前走着順別データ

前走着順 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1着 5-6-5-55 7.0% 15.5% 22.5%
2着 3-3-3-6 20.0% 40.0% 60.0%
3着 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
4着 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
5着 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
6着 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
7着 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
8着 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
9着 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
10着 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
11着 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
12着 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
13着 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
14着 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
15着 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
16着 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
17着 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
18着 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

好走馬の大半は前走4着以内から。5着以下からの唯一の好走馬は、2013年3着同着だったケイアイレオーネで、前走はUAEダービー10着でした。

こちらも順当に前走1着が最多好走となるも、率の上では前走2着が最も良い成績。

ユニコーンステークス 2019 前走タイム差別データ

前走タイム差 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
-0.4秒以上 2-3-1-11 11.8% 29.4% 35.3%
-0.3秒 0-1-0-7 0.0% 12.5% 12.5%
-0.2秒 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
-0.1秒 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
0秒 1-4-4-23 3.1% 15.6% 28.1%
0.1秒 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
0.2秒 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
0.3秒 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
0.4秒 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
0.5秒 0-0-0-0
0.6秒 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
0.7秒 0-1-1-7 0.0% 11.1% 22.2%
0.8秒 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
0.9秒 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
1.0秒以上 2-0-0-37 5.1% 5.1% 5.1%

前走-0.4秒以上組は複勝率35.3%とまずまず高いものの、2013年を最後に好走馬は出てきません。

前走タイム差なしの0.0秒組は【1-4-4-23】で、内1着馬が【1-2-3-21】と多くを占めるも、2着馬であれば【0-2-1-1】と好成績。

ユニコーンステークス 2019 前走上がり3Fタイム順位別データ

前走上がり3Fタイム順位 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1位 2-5-4-31 4.8% 16.7% 26.2%
2位 2-0-4-16 9.1% 9.1% 27.3%
3位 3-1-1-12 17.6% 23.5% 29.4%
4位以下 3-4-2-69 3.8% 9.0% 11.5%

前走4位以下からも9頭の好走馬は出てきているものの、率しては前走3位以内が優勢。1位~3位は複勝率としては横並びで大きな差はありません。

ユニコーンステークス 2019 キャリア数別データ

キャリア数 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1戦 0-0-0-0
2戦 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
3戦 0-1-0-4 0.0% 20.0% 20.0%
4戦 2-1-0-15 11.1% 16.7% 16.7%
5戦 1-1-1-16 5.3% 10.5% 15.8%
6戦 4-3-0-29 11.1% 19.4% 19.4%
7戦 1-1-4-16 4.5% 9.1% 27.3%
8戦 2-3-3-13 9.5% 23.8% 38.1%
9戦 0-0-2-13 0.0% 0.0% 13.3%
10戦以上 0-0-1-19 0.0% 0.0% 5.0%

3歳の重賞ながらも意外とキャリアの多い馬が活躍。中でも7戦、8戦組が優勢。

ユニコーンステークス 2019 勝利数別データ

勝利数別 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1勝 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
2勝 4-4-8-107 3.3% 6.5% 13.0%
3勝 5-6-3-15 17.2% 37.9% 48.3%
4勝 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
5勝 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

好走数では2勝馬と3勝馬は同じくらいも、3勝以上を上げると複勝率は非常に高くなります。

ユニコーンステークス 2019 注目好走データ

・関東馬+当日1番人気:【2-1-0-3】
・関西馬+当日1番人気:【2-2-0-0】

1番人気は【4-3-0-3】の成績で複勝率70.0%。これだけでも十分な成績を残していますが、ここから関東馬・関西馬で分けると、差は歴然。関西馬であれば連対率100.0%の好走データとなります。

単純なデータながらも、関西馬の1番人気馬は2013年を最後に出てきていません。ここ5年はずっと関東馬が1番人気に支持されていました。

今年は前走青竜ステークス組の連対馬、デュープロセス(関西馬)とデアフルーグ(関東馬)が人気を分け合うことになりそう。
デュープロセスは引き続きデムーロ騎手を予定していますので、おそらく最終は1番人気になるのではないかと。想定通りであれば、関西馬の1番人気はしばらくぶりとなるので期待しています。