ターコイズステークス 2019 予想【好走データに該当する穴馬から勝負】

2015年に重賞昇格してから今年で5回目。10番人気以下同士で決着となった第1回開催から、比較的平穏が続き、昨年はまた波乱とかなり難解なレース。

波乱含みのレースとなるので、ここは穴馬狙い。記事内で取り上げた3年連続連対データに期待したいと思います。

中心に置きたいのは、オールフォーラヴ。

前走の府中牝馬ステークスは、スカーレットカラー、フロンテアクイーン、ラッキーライラック、クロコスミアといった実績馬とともに上位入線。4着と馬券外ではあったものの、重賞でもやれる力は示したと思います。

左回りから右回りへの舞台替わり、連勝経験のあるマイル戦となるのも好材料。相手関係も少しは楽になると思うので、ここは重賞初好走を期待したいですね。

穴馬を中心に置きたいので、相手は人気の3歳から。 シゲルピンクダイヤとエスポワールです。

シゲルピンクダイヤは桜花賞2着、秋華賞3着の実績。クラシックで複数好走があるのはクロノジェネシス、カレンブーケドールの3頭のみ。この世代を代表する1頭で、力は上位。

エスポワールは、休み明けだった秋華賞以外全て3着内の堅実馬。
前走破ったゴータイミングがラジオNIKKEI賞3着馬なので、重賞でもやれる力はあるはず。

◎オールフォーラヴ
○シゲルピンクダイヤ
▲エスポワール

オールフォーラヴからの3歳馬2頭へ馬連、ワイド各4点で勝負。