東京スポーツ杯2歳ステークス 2019 予想【前走見せた素質溢れる走りをここでも期待】

昨年の多頭数からまた少頭数と、馬券的妙味は少ないメンバーとなりましたが、今年は新馬戦は楽々勝ち上がってきたアルジャンナとコントレイル。またアパパネの仔で2戦2勝のラインベックが三つ巴といったオッズとなっています。

逃げたい馬もいなさそうですし、この頭数なので後半の上がり勝負となりそう。ここは前走の走りから最も期待したい馬を狙っていきたいと思います。

中心に置きたいのは、アルジャンナ。

新馬戦は阪神芝2000mの5頭立て。超がつくほどのスローからの後半上がり勝負となりましたが、直線はほぼ持った、それで最速上がりの33.6秒。2位が34.2秒でしたので、0.6秒差もすごいですが、全く追わずしてその差をつけたというところに素質を感じましたね。

前走はスロー過ぎたので少しいきたがる仕草もありましたが、距離も短くなるのでもう少しスムーズな競馬はできそう。頭数も頭数ですし、新馬戦と似た展開になると思うので、直線でしっかりと弾けてくれれば結果はついてくると期待しています。

相手に置きたいのは、コントレイルとリグージェです。

コントレイルは、アルジャンナと同じく新馬戦は楽々と勝ち上がってきた1頭。
コントレイルの方が名前はビシッとしていかにも重賞を勝ちそうな感じがするんですが、前走の走りからはアルジャンナの方がより東京は合うように映りましたので、コントレイルを相手にしました。底を見せていない走りからはどちらも強いと思っています。

リグージェは、前走僅差ながらも最後の競り合いは見応え十分の走りだったと思います。しかも最速上がりの33.0秒。
ブラックタイド産駒なので、ディープインパクト産駒には劣りそうですが、最後まで一生懸命走れればチャンスはありそう。

◎アルジャンナ
○コントレイル
▲リグージェ

頭数も少ないので今回はワイドはお休み。アルジャンナの勝ち負けを信じて馬連2点勝負でいきたいと思います。