東京新聞杯 2020 予想【東京も時計勝負を想定。あの産駒を中心に】

東京競馬場は今週で2週目。まだまだ状態は良く、変わらず内・先行馬が有利な馬場だと思います。また先週よりも時計が出ていますので、1分33秒を切る決着になるかもしれませんね。

きさらぎ賞も時計勝負と想定でしたが、こちらも時計勝負であれば、同じくディープインパクト産駒に期待したいですね。

本命は、サトノアーサーにします。

長期休み明けの前々走は連勝中のロードマイウェイ相手に差のない競馬で2着。前走のキャピタルSは不良馬場による負けで、力負けではなし。

今回は枠も程よく、馬場も良馬場。田辺騎手もそろそろ馬券に絡んできそうな頃合いなので、前走からの巻き返す条件は揃ったと思います。

相手は、1枠のディープインパクト産駒2頭。
プリモシーンとヴァンドギャルドです。

枠が発表される前まではプリモシーンかヴァンドギャルドが本命と考えていましたが、まさかの1枠。ヴァンドギャルドは先行馬なのでスタートさえ出れれば問題はなさそうですが、いずれにせよ、包まれる心配はある枠だと思います。

ただ、実績上位のプリモシーンと勢いにあるヴァンドギャルドですから共倒れはイメージしづらいのでどちらかは詰まって、どちらかは抜けてくると予想。枠の良かったサトノアーサーの相手に最適と考えました。

サトノアーサーからのワイド2点で勝負。
◎サトノアーサー
○プリモシーン
▲ヴァンドギャルド