東海ステークス 2020 予想【前日は完全に前有利の馬場。先行馬中心で勝負】

中京競馬場で開催されていたこの東海ステークスですが、今年は東京オリンピックの影響もあり、京都開催となります。過去のデータは通用しないということでデータ記事の更新は控えました。

今週は平日の雨が残り、土曜日は終始、重馬場での開催となりましたね。土曜日の馬場傾向からは完全に前有利。差し馬が届くレースもありましたが、それでも活躍は1頭まで。基本的には前にいった馬からそのまま2頭くらいは馬券になるという流れでしたので、この東海ステークスも同様の流れになるとみて予想していきました。

本命は、インティです。

枠順が出た時は「外枠はまずい…」となっていましたが、土曜日の競馬を見て「上手く先団グループに取り付けば問題なさそう」に変わりました。同型馬であるスマハマが内に入ったのでハナを奪うのは難しかもしれないですが、それでもピッタリマークする形で追走できれば、直線向いた時には先頭になっていると考えました。

みやこステークスはハイペースで潰れてしまいましたが、今回はスマハマくらいしかしませんし、無理に競りかけなければ落ちついたペースでいけるはず。
ここが本番ではないですが、だからといって下手な競馬ができる立場ではありませんし、舞台は違えど連覇がかかっているので、格好はつけてくれると期待しています。

対抗は、アングライフェンです。

前々走のみやこステークスは4着。展開は向きましたが、位置取りが上位馬よりも前で競馬をしたので、最後の脚が足りなかったとみています。今回はみやこステークスの時ほど後方の馬たちに向く展開にはならないと想定しているので、今回はこの馬が活躍する番だと考えました。

高齢にはなったものの近走の走りからは衰えしらずの安定感。みやこステークスとほぼ同じ枠に入れた幸運もありますので、同じくらい走れれば馬券内のチャンスはあると思います。

3番手は、スマハマです。

内枠に入れましたで、スタート後強気に前に出れればハナは取れると思います。インティとは力差があるように思えるので、できればリードはしっかりと取ってもらいたいですね。

馬場を味方にできる脚質はプラスも、そもそもインティとは力差が大きくあると思っているので、2番手ではなく3番手としました。

◎インティ
○アングライフェン
▲スマハマ

データ

Posted by REGIOMOON