天皇賞 秋 2019 予想【高速馬場+前有利は引き続き。馬場適正の高い馬を重視】

今週から東京はBコース替わり。その影響もあり土曜日の2R、この天皇賞と同じ舞台で行われた未勝利戦はレコード決着。引き続き高速馬場となっています。
また今週降った雨の影響はほとんどなく、上がりも速い馬場になっていますので、前が止まりにくい、先行・好位差しが有利な馬場に映りました。
これだけ馬場が極端であれば、馬場に対応できそうな馬から中心に勝負したいと思います。

中心に置きたいのは、アーモンドアイ。

昨年のジャパンカップは超高速馬場を先行して勝利。高速馬場に何の不安もありませんね。むしろプラス。
不安があるとすればこの1枠ですが、スタートされ五分以上で出れれば問題はないと思いますね。

前走の安田記念は3着に敗れましたが、展開も馬場も全く向いていないレースでしたので、アーモンドアイでなければ3着は厳しかった負けて強しの内容。
現役馬の中では最も強い馬だと思いますので、人気通りの走りを見せてもらいたいですね。

相手に置きたいのは、ダノンプレミアム。

前走の安田記念は自分の競馬ができなかったので参考外。それ以上に評価したいのが、2、3走前ですね。
2走前のマイラーズカップは先行から上がり32.2秒の脚で快勝。3走前は強力な差し馬たちを退き、先行して最速上がりで勝利。どちらも非常に強い内容でした。
2、3走前の走りからも、現在の上がりが速く前が止まりにくいに馬場は、脚質とフィットしそうなのでここは期待したいですね。

もう1頭、アエロリット。

ワグネリアンとどちらを取るか非常に悩みましたが、外枠で中団からの競馬になる可能性もあるワグネリアンよりも、確実に先行するこちらを上に取りました。人気的も魅力があります。

高速馬場の安田記念を2着に粘り込んでいるよう、アエロリットにとっても現在の馬場は大歓迎。先行馬はいますが、確たる逃げたい馬はいないですし、枠も良いのでいつも通りの競馬ができればスムーズにハナは取れるとみています。

強力な馬たちの目標にされるのは間違いないですが、安田記念ではアーモンドアイに先着していますし、まさにその時と似たような馬場だと思うので、ここは逃げ残りに期待したいですね。

安田記念時と大きく違う”距離”という不安は残りますが、ハナさえ取ればインベタの経済コースで競馬ができるでしょうし、現在の馬場であれば1ハロンは誤魔化せると判断しました。

◎アーモンドアイ
○ダノンプレミアム
▲アエロリット