宝塚記念 2019 予想

土曜日の阪神は、そこそこ時計も出ており、先行・好位から競馬をした馬の好走が目立った馬場でした。
日曜日は雨予報となっているものの、降り出すのは夕方以降となりそうなので、引き続きの馬場になると想定して予想していきたいと思います。

中心に考えたいのはキセキ。
前走の大阪杯は2番手からの競馬、最後の直線も外に出すことになり、空いた内をつかれての2着と敗戦。
今回はスタートを普通に出れればハナを主張できるメンバーですし、絶好の最内枠。土曜日の結果からも馬場を味方につけると思います。
自分の競馬ができれば簡単には崩れない馬なので、淡々とした流れでレースを進めることができれば、前走と同様に勝ち負けになると期待しています。

相手は外枠に並んだ、リスグラシューとスワーヴリチャード。

・G1馬
・前走3番人気以内
・年を明け2戦消化(この宝塚記念が3戦目となる)
この3点を満たした該当馬は【5-2-4-11】。
データ分析の記事内で取り上げた該当馬2頭。昨年好走馬が出てこなかった結果からも今年は期待が持てるとみています。

どちらもスタミナ豊富なハーツクライ産駒。長く良い脚が使えるタイプで、キセキが作り出すペースは合いそう。

後方過ぎない位置から外枠を上手く活かしたスムーズな競馬ができれば、共倒れはないとみています。

◎キセキ
◯リスグラシュー
▲スワーヴリチャード