高松宮記念 2020 予想【スプリント界の新勢力に期待】

今年最初の芝G1レース、高松宮記念です。
無観客となるのは残念ですが、この状況の中、開催となるだけ本当にありがたいで。テレビからしっかりと応援、また馬券購入をしていきたいですね。

今年の注目はなんと言っても、1200m未経験馬が多数出走となるところでしょう。そういう馬が結構好走するレースでもあるのが、この高松宮記念です。

本命は、グランアレグリア。

初の1400mとなった前走の阪神Cは2着馬に5馬身差の圧勝。2着馬は後に阪急杯でも2着に好走する舞台巧者フィアーノロマーノなので、弱い相手ではなかったはず。
短距離戦は特に着差がつきにくいとされているので、前走の走りはここでの距離短縮も大いに期待できると判断しました。

ルメール騎手からの乗り替わりはというはマイナスですが、大舞台では度々活躍している池添騎手なので、今回もいい仕事をしてくれるでしょう。
スプリント界の新風をもたらす走りを期待しています。

対抗は、ダノンスマッシュ。

前走のオーシャンSは、舞台巧者であるナックビーナス、また斤量差はあったにせよタワーオブロンドンらを完封。昨年に続いて引き続き強い走りを見せてくれました。

当初は三浦騎手を想定していましたが、ドバイが中止になったことで川田騎手へ継続。香港以外は崩れていないコンビ。
昨年は外枠に泣きましたが、今回は内枠なのでスタートさえしっかりと出れれば、前年以上の走りを期待できると思います。

穴では、モズスーパーフレア。

結局評価をしたいのは、スプリングステークスの上位馬たち。タワーオブロンドンと悩みましたが、タワーオブロンドンは前走斤量差はあったにせよ、ダノンスマッシュに負けすぎというところで評価を下げました。

モズスーパーフレアは前走シルクロードS4着。追込馬が上位を占めた結果を考えれば、十分評価できる逃げだったと思います。

そう考えれば、同じく先行したセイウンコウセイもこわい存在も、昨年穴をあけた馬が、再び穴をあけるのは考えにくい。本当に狙うはこちらでしょう。

外枠は残念ですが、飛ばして逃げたい馬は他にいないと思うので、スタート決めれば逃げれるはず。逃げには厳しいレースですが、雨が残る馬場で、前残りの展開となれば、チャンスはあるとみています。

馬券は難しいですが、オッズは割れているので、ひとまずグランアレグリアの単勝。グランアレグリアが勝ち負けになってくれると期待していますが、相手2頭は3着くさいところもあるので、ワイド2点でいきます。

◎グランアレグリア
○ダノンスマッシュ
▲モズスーパーフレア