セントライト記念 2019 予想【雨は降っても前は有利は変わらずなので先行力を評価】

今週は三連休に合わせて3日間開催となり、最終日のメインは菊花賞トライアル、セントライト記念となります。

夜中から朝方にかけてずっと雨が続いていますので、土日とは大きく馬場が変わる可能性はありますが、馬場が悪くなっても前が有利なことには変わりないと想定しつつ、先週同様、前につけれるであろう馬たちを評価したいと思います。

中心に置きたいのは、リオンリオン。

稍重だった青葉賞を逃げ切り勝ち。ゆるんだ馬場は苦にしないタイプ。
雨で馬場がゆるくなれば、そこまでペースも上がっていかないと思うので、ハナを主張するにせよ、先行するにせよ、前が有利になると想定しているので、この馬の粘り込みに期待。

相手に置きたいのは、オセアグレイト。

未勝利戦を抜け出すのに時間はかかったものの、現在3連勝中と勢い十分。
菊花賞を意識した長距離戦の使われ方をしていますし、ここでの切符取りに本気度を感じますね。
スタミナは十分にありますので、先団グループに取り付いてスムーズな競馬ができればチャンスはあるとみています。

最後に穴としては、メイショウテンゲン置きたいですね。

前走ダービー、前々走皐月賞と、春の2戦に出走してきた馬は好相性。他にも該当馬はいますが、道悪実績があり先行力も備わっているこの馬に期待したいと思います。

クラシックの2戦はかなり後方からの競馬になり度外視。乗り替わりの影響も大きかったとみています。今回は主戦の池添騎手に戻りますので、弥生賞までのある程度ポジションを取る競馬ができれば、一発あってもおかしくないとみています。

◎リオンリオン
○オセアグレイト
▲メイショウテンゲン