スプリングステークス 2020 予想【2勝馬が実績もデータ上も強し】

2020年4月19日

皐月賞トライアル最終戦となるスプリングステークスです。
今年はホープフルステークスで2着に好走したヴェルトライゼンデが参戦。抜けた1番人気となっています。

キャリアの浅い3歳戦は、勝利数というのが、強さのひとつのバロメーターになると考えています。

それはこのスプリングステークスも例外はなく、2勝以上している馬は【9-8-6-51】の成績。10年連続、各年2頭以上が馬券になっています。
今年もこの連続好走はあると思うので、2勝以上の馬から最低2頭が馬券になることを期待して勝負したいと思います。

本命は、ヴェルトライゼンデ。

現状この世代の頂点にいると思われるコントレイルに次ぐ2着。しかも僅差。
また前走3着ワーケアは弥生賞でもしっかりと結果を残しましたので、この馬もいくら叩きであっても格好はつけてくれると思います。

出遅れや直線どんづまりといったアクシデントがない限りは、勝ち負けになると期待。

相手は、サクセッション。

同じく人気となっているファルコニアと少し悩んだものの、決めてとなったのは経験値。ファルコニアは4戦全て直線が平坦コースに対し、こちらは中山で2戦2勝。舞台適性を評価したいですね。

デイリー杯2歳Sはマーフィー騎手が騎乗ミスと自分で言っているように仕掛けが早かっただけ。前走の勝ちっぷりからも距離が延びるのは全く不安はないでしょう。

本当は3番手にアオイクレアトールを入れたいところも、ヴェルトライゼンデとサクセッションだけでは全くつかないので断念。人気馬同士にはりますが、今回はこの2頭だけで勝負します。馬連、ワイド各1点ずつ。

◎ヴェルトライゼンデ
○サクセッション