シルクロードステークス 2020 予想【Bコース替わりも差し有利の馬場】

京都は今週からBコース。荒れた内をカバーするので当然内が良くなるかと思いきや、土曜日は外からの差し馬が多く活躍、逃げ馬には厳しい馬場でしたね。同様の馬場を想定すれば、先行馬たちは避けたいところ。モズスーパーフレアが引っ張る形にもなるでしょうから、瞬発力勝負に長けた馬たち中心で勝負したいと思います。

本命は、エイティーンガール。

前走3勝クラス(1600万下)組は良い傾向と言えないのですが、それでも評価したいと思ったのは、3走前の桂川Sにあります。タイム差なしの2着に敗れたものの、その時の1着はアイラブテーラーでした。後に京阪杯2着、淀短距離Sの実績馬で、同等くらいの力があるとすれば、斤量53.0kgで出走できるのは好条件と判断しました。

前走は先行馬たちが上位を占める流れを、追込一気。相手は弱かったにせよ、着差は十分、非常に強い勝ちっぷりでした。
今の馬場は差しが効く上、モズスーパーフレアが引っ張る展開となるでしょうから、前走の再現も可能。

対抗は、 アウィルアウェイ。

前走の京阪杯は故障馬の影響を受けながらも最後までしっかりと伸び4着を確保。不利がなければ馬券内は十分になったと思います。

前走から2kg増となるのはやや見込まれましたが、最後までしっかりと追える川田騎手に乗り替わりはプラス。前走4着以上の着順は取れると期待しています。

3頭目は、 ジョイフル。

前走は逃げて押し切りを図ったナックビーナスを差し切り勝ち。先行、内を通った馬が2~4着でしたので、斤量差はあったにせよ強い走りだったと思います。

本命と同じく、展開や馬場は前走以上にプラスとなりそう。ただ、京都コースで勝利がないところから、ベストの舞台ではなさそうなので、その分を割引ました。

もう1頭、ハッピーアワー。

近走はどれでも届かずですが、位置取りが悪すぎるだけでこの馬の末脚はしっかりと最後まで伸びていると思います。

差しが効く馬場であれば、追込一辺倒の脚質であるこの馬は入れておきたいところ。昨年のティーハーフの再現を期待。

◎エイティーンガール
○アウィルアウェイ
▲ジョイフル
△ハッピーアワー