シリウスステークス 2019 予想【シンプルイズベスト!阪神巧者を狙う。】

前日オッズからはタイムフライヤーが1番人気そうですね。初ダート戦となった前走のエルムステークスは6着と敗れましたが、先行した馬たちには厳しい流れの中でよく粘りこんだ内容でしたので、たしかに今後を期待したくなる内容にも映りました。ただだからと言って、ダート戦で好走歴がない馬を人気で買うのは正直避けたい気持ちがあるので、ここは阪神ダート戦でしっかりと勝利実績がある馬たちを中心に置いていきたいと思います。

中心に置きたいのは、メイショウワザシ。

逃げれたレース3勝2着1回5着1回とかなり堅実で、今回のこのメンバーであればすんなりハナを取れるとみていますので、この馬の粘り込みに期待したいと思います。
阪神ダート戦は新馬戦時は圧勝。続く500万下では凡走しているんですが、新馬戦は先行しましたが、次走は控える競馬だったのでノーカウントでいいと思っています。新馬戦圧勝した内容からも舞台適正は高そうですし、気分よく走れれば、行った行ったでそのまま突っ切ってくれるのではないかと期待しています。

相手は、ジョーダンキング。

阪神ダートは7戦7連対の舞台巧者。重賞の2戦からはやや足りない印象も受けますが、最も実績のある舞台となるので、阪神で買わずにどこで買うのと言いたいですね。
ここ2戦の重賞も決してボロ負けということではないので、得意の舞台で結果に結びつけてもらいたいですね。

穴には、ロードゴラッソ。

阪神ダート戦は1戦ながらもキャリアの中で最も着差をつけて勝利。しかも500万下→1000万下→1600万下と、この3戦は3連勝したんですが、その中で最も上のクラスで着差をつけて勝利していますので、舞台適正の高さを感じられる内容だったと評価しています。
その後の重賞では惨敗していますが、先のジョーダンキングと同様、阪神舞台が最も得意という可能性にかけてみたいと思います。

◎メイショウワザシ
○ジョーダンキング
▲ロードゴラッソ