秋華賞 2019 予想【好枠に入った春の実績馬を中心に】

台風の影響でかなり雨が降りましたが、京都の雨雲レーダーを見ていると、競馬場がある場所にはもう雨雲はなく、明日は一切雨も降らないので、稍重くらいまでは回復してくれるかなとみています。

今年は桜花賞馬もオークス馬もいなので、オッズからもかなり混戦模様となっていますが、枠順が決まった時点でこの馬は外せないと思ったあの実績馬から中心に勝負したいと思います。

中心に置きたいのは、カレンブーケドール。

枠順が出るまでは相手までという印象だったんですが、現在上位に支持されている馬たちの中では最も良い枠に入れたとみています。
前走の紫苑ステークスは外枠発走だったことや、津村騎手が試走のためもあってか、いつもよりも前につける競馬で3着に敗れました。前走の走りからは、先行馬でも先行し過ぎるのはマイナスに映りましたので、やはり好位4、5番手くらいがベストの馬ではないかと感じました。
今回は4枠なので急いで前に出す必要はなさそうですし、出たならの位置がそのベストの位置になるのではないかと考えました。
内の馬場が伸びない可能性もありますので、この枠なら進路選択もできますし、好位からレースを進めれば包まれる心配も少ないとみています。

相手に置きたいのは、ビーチサンバ。

王道路線としてはやはり前走ローズステークス組を評価したいですね。実績的にはダノンファンタジーを評価したいところなんですが、こちらは反対に難しい枠に入ったと思いましたね。ラチ沿いの馬場はおそらく荒れて伸びなくなる可能性もありますので、思い切って他の馬から狙ってみたいと考えました。

今回ビーチサンバが面白いと思ったのは、前走見せた先行脚質ですね。馬場が味方したにせよ、レコード決着で2着に好走できたのは大きな収穫だったと思います。実際に福永騎手もインタビューで同じことを話していましたし、今回は逃げても面白いと言っていたので、先行するのは確実でしょう。
雨が残る馬場との先行脚質は上手く噛み合ってくれそうなので引き続きを期待したいですね。

穴としては、シゲルピンクダイヤ。

こちらもビーチサンバと同じく、前走のローズステークスで先行を試みた1頭となりますね。
結果としては4着に敗れましたが、決して悪い競馬ではなかったと思いました。
馬券には絡まなかったので、また先行を選ぶかは和田騎手次第も、前でもやれるというところは意識はしたと思います。その意識がより良い位置で競馬をしてくれるのではないかと考えました。
後方すぎると不発に終わりそうですが、春よりも少し前で競馬ができれば面白いとみています。

◎カレンブーケドール
◯ビーチサンバ
▲シゲルピンクダイヤ