サウジアラビアロイヤルカップ 2019 予想【前走と同じ走りができれば勝ち負けは必須】

東京は開幕週なので先行馬の活躍は見られますが、なかなか逃げ馬が逃げ残れない、好位差しがしっかりと決まる、そんな馬場に映りました。

この舞台でガンガン前を主張したい馬はいないと思うので、ややスロー気味に流れての瞬発力勝負になると想定しています。
ここはそんな瞬発力勝負に強いそうな馬たちを狙っていきたいと思います。

中心に置きたいのは、サリオス。

同舞台だった新馬戦を最速上がりの末脚で完勝。舞台適性をしっかりと示した結果も良かったですが、何よりも走りが単純にすごかったですね。
末脚の鋭さ、軸のブレないフォームと、新馬戦であれだけ走れるのは素質がある証拠だと思います。

新馬戦は最後は流す余裕もありましたし、それでいてあれだけ着差をつけることができたので、同じ走りができればここも突きつけてくれると期待しています。

相手に置きたいのは、クラヴァシュドール。

サリオスと同じく、こちらも上がり最速33.1秒の末脚で新馬戦を勝利しました。
舞台は違いますが、ペースとしてはサリオスのレースよりも厳しいラップでしたので、インパクトとはなかったもののそれなりに評価できる内容だったと思います。

3頭目は、エンジェルサークル。

新馬戦は5着と惨敗も、続く未勝利戦は危なげなく勝利。
新馬戦は1400mという距離や重馬場、展開も噛み合っていなかったので、度外視していいレースだったと思います。

デムーロ騎手としても、ロードカナロア産駒としてもこの舞台では好成績を残していますので、舞台替わりもプラスに働きそう。
前走と同じくらいの位置取りだと後方過ぎる印象なので、もう少し前から脚を溜めれえばチャンスがあるとみています。

◎サリオス
◯クラヴァシュドール
▲エンジェルサークル