ローズステークス 2019 予想【前残りの馬場は引き続き。最上位実績のあの馬が中心】

土曜日の阪神はまだまだ芝がきれいな状態で、前が有利な馬場は引き続きの印象。ここはおそらく先行策から馬場を味方につけれるであろうあの実績を素直に評価したいと思います。

中心に置きたいのは、ダノンファンタジー。

春のクラシック2戦は思うような結果を残せなかったですが、距離適性外のオークスで5着、勝ちにこだわりグランアレグリアを捕まえにいった桜花賞は4着と、上位争いに加わり力を示した内容でした。
今回は実績ある阪神に舞台が替わりますし、距離が短縮されるのも好材料。相手関係も楽になりますので、余程のアクシデントがない限りは、勝ち負けになってくれるとみています。

相手に置きたいのは、ウィクトーリアとスイープセレリタス。

ここはデータ分析で取り上げたキャリア6戦組の好走データに期待。

ウィクトーリアは、ここ2戦距離を考慮して後方からの競馬も、本来は前につけれる脚質。3走前の中山1800m戦は逃げて勝利したように積極的に競馬ができれば、現在の馬場も味方につけれると思います。

スイープセレリタスは、父ハーツクライ☓母スイープトウショウという超良血馬で現在連勝中と勢い十分。
4走前のこうやまき賞では、後にきさらぎ賞を制するダノンチェイサーと差のない競馬をしたこともありますので、このメンバーでも上位に加われる力はあるとみています。

◎ダノンファンタジー
○ウィクトーリア
▲スイープセレリタス

波乱傾向の強いローズステークスですが、今年は頭数も頭数ですし、堅い決着になると想定。