クイーンカップ 2020 予想【鞍上不安も実績最上位馬を評価】

日曜日の2重賞は頭数も少なく、あまり荒れなさそうに思えるので、今週一番当てたいのはこのレース。

前日1番人気はルナシオン。新馬戦は絶対届かなそうな位置から伸びてきて勝利。確かに素質を感じる走りでしたが、相手がそこまで強くなかったのもあると思います。ルメール騎手への乗り替わりはめちゃくちゃ頼りになりますが、重賞実績馬や2勝馬を差しおいて1番人気はルメール人気とみて、ここは実績No.1だと思うあの馬を狙いたいと思います。

本命は、マジックキャッスル。

前走のファンタジーS、2走前のサフラン賞はともに2着。各々の勝ち馬は後に阪神JFで連対するレシステンシアとマルターズディオサ。この2頭と連続差のない競馬ですから、実績はこのメンバーではNo.lだと考えました。

不安なのは戸崎騎手から乗り替わりとなるフォーリー騎手。あまり言いたくはないですが、重賞では頼りにならない。。。ただ、だからこそそこまで人気にならないのも事実。別の騎手なら1番人気でもおかしくないと思うので、馬の力を信じて勝負したいと思います。

対抗は、ミヤマザクラ。

日曜日の共同通信杯で1番人気が濃厚なマイラプソディに次いだ、前走の走りをそのまま評価。

マイルは少し短そうに思えますが、好位でレースができるのでこの最内枠は絶好。瞬発力勝負になると脆さが出るかもしれないですが、早めに先頭に立てれば粘り込めると期待しています。

穴は、シャンドフルール。

ミヤマザクラと同じく関西馬の好走データに該当しそうな1頭。現在のオッズからは条件を満たせそう。

出走馬中3頭しかない2勝馬。唯一崩れたレースは2000m戦となるので、引き続きマイル戦となるは好条件。武豊に手綱が戻るのもプラス。好位から有力馬たちをマークしながら競馬ができれば、3着までならチャンスがあると思います。

◎マジックキャッスル
○ミヤマザクラ
▲シャンドフルール