オークス 2019 予想【データとして重視したいのは桜花賞組】

今年は忘れな草賞を勝利したラヴズオンリーユー、前走桜花賞で3着、4着のクロノジェネシスとダノンファンタジー、フラワーカップからの参戦となるコントラチェックが人気を分け合う形。

ラヴズオンリーミーは3戦無敗、コントラチェックは前走快勝+勢いに乗るレーン騎手と、魅力は十分にありますが、やはりデータとして重視したいのは前走桜花賞組です。

前走桜花賞組は前走人気を集めた上位馬が素直に評価できる傾向。今年のメンバーではクロノジェネシス(前走3番人気3着)とダノンファンタジー(前走1番人気4着)が該当。

また同様のデータで、前走人気馬の上位馬が評価できるのはフローラステークス組です。ウィクトーリアとシャドウディーヴァは前走3番人気以内の連対馬となります。

ウィクトーリアは外、シャドウディーヴァは内を突く競馬となりましたが、どちらも最後の直線はしっかりと追い出せるまで時間がかかる、スムーズな競馬ではなかったので、着差以上に評価できる走りだったとみています。

例年であればこのフローラステークス組はもう少し評価されることが多いので、現在の人気としても馬券的妙味は十分だと思います。

◎ダノンファンタジー
◯クロノジェネシス
▲ウィクトーリア
△シャドウディーヴァ