日経賞 2020 予想【前走以上の走りを期待したい舞台巧者を評価】

最近は本番の天皇賞春に直結していないこの日経賞ですが、今年はオッズが割れていますね。

こういう時は比較的堅く決まるイメージが勝手ながらあるので、実績上位のあの馬から素直に入っていきたいと思います。

本命は、ミッキースワロー。

メンバー中、中山適正が最も高いのはこの馬でしょう。前走のAJCCは4着でしたが、馬場が良くなかったのと、いつもよりも前めにつけたことが敗因。3着のラストドラフトと同じ位置なら3着はあったとみています。

前走はブラストワンピースに、G2、G3の常連ステイフーリッシュがいたので、今回の方が相手関係は楽。横山騎手も前走の走りを修正してくると思うので、ここは人気に応える走りができると思います。

対抗は、エタリオウ。

近走はG1ばかりに出走しているので、結果が出ておらず、下降線上にいるかなと思っているところはあるものの、昨年2着の実績を評価しました。

岩田騎手は今年人気馬に騎乗するとほとんど馬券になっているので、乗り替わりにも期待が持てそうで、ここで久しぶりの好走を期待。ここで好走できなければ、よほどの人気落ち以外は狙えないと思うので、なんとか結果を出してほしいですね。

3頭目は、レッドレオン。

この日経賞と好相性の日経新春杯組。前走はモズベッロと離されたので、順当に考えればモズベッロなんですが、直線は進路が塞がるロスがありましたし、斤量差もあったので、同斤量ならば逆転は可能と考えました。

テン乗りの藤岡佑介騎手はややマイナスも、その分モズベッロとは人気差が出ているようですし、藤岡騎手は今年まだ重賞では馬券外が続いているので、ここらで好走はありそう。

馬券は非常に悩ましいところですが、ミッキースワローの差し損ねがこわいので、相手2頭のワイドで勝負。

◎ミッキースワロー
○エタリオウ
▲レッドレオン