中山金杯 2020 予想【好走データにも該当しそうな中山巧者を評価】

JRAの発表では馬場は良好な状態ということなので、おそらく例年通り内がやや有利に働く馬場と想定。

レースを引っ張りそうなのは、内めに入ったブラックスピネル、ノーブルマーズ、トリオンフあたり。どの馬もハナにこだわるタイプではないと思うので、出た馬がそのまま引っ張る展開となりそうで、ペースは速くはならないと想定。
狙いたいのは、その先行馬たちを見ながら好位で競馬ができそうな馬です。

本命は、ウインイクシード。

人気を集めるクレッシェンドラヴには福島記念では敗れていますが、先行馬には厳しい展開でしたので、むしろ4着は評価できる内容。今回は前につけた馬が有利になるとみているので、逆転可能と考えました。

福島舞台も適正は高いと思いますが、実績からは中山舞台の方がより適正が高いと思います。先行馬を見ながらじっくりと脚を溜めて、直線半ばで差すイメージ。斤量55kgもアドバンテージになると思いますので、勝ち負けも期待したいですね。

対抗は、トリオンフ。

前走のチャレンジカップは、ハナを奪ってあわやと思わせる僅差の2着。長期休み、馬体重+18kgの上、差し馬が活躍する流れでもありましたので、めちゃくちゃ強い内容だったと思います。

昨今の競馬は休み明けでもガンガン結果を出すようになってきていますし、立て直しがより整ってきた印象を受けますので、前走から叩いて良化が見込めるとなれば連続好走があっても不思議はありません。
斤量の重い馬が活躍しているレースでもあるので、斤量58.0kgもこなしてくれるはず。

穴は、タニノフランケル。

昨年の3着馬で実績は十分。しばらく馬券に絡んでいませんが、前々走の小倉記念ではメールドグラースから0.1秒差の4着に健闘。大きな力の衰えはなさそう。同レースの3着馬ノーブルマーズとも悩みましたが、ノーブルマーズを買うなら阪神だと思いますし、ミナリク騎手も重賞では未知数なので、鞍上含め、こちらを評価。

枠はよくありませんが、スタートは悪くないので、最低でも6番手以内にはつけてくれるはず。石橋騎手は最後まで一生懸命追ってくれる騎手だと思うので、最後の直線で前との距離をしっかりと詰めておければ粘り込めると思います。

◎ウインイクシード
○トリオンフ
▲タニノフランケル

2020, 予想, 中山金杯

Posted by OG