みやこステークス 2019 予想【強力な先行馬たちの競り合いで差し・追込馬が有利と読む】

今年はフェブラリーステークスを勝利したインティ、そして上がり馬スマハマが人気を分け合うオッズとなっています。ともに先行脚質で、この2頭以外にも逃げそうな馬がいるので、展開読みが非常に重要になってきそうですね。

ここはシンプルに考えて、前が激しくなると想定して、差し馬・追込馬を中心に狙っていきたいと思います。

中心に置きたいのは、アングライフェン。

京都ダートは2回しか経験がないもののどちらも連対しており適正は問題なし。
前走のシリウスステークスは低評価を覆し2着と好走。人気馬が崩れる結果にはなりましたが、斤量57.0kgだったことを考えれば勝ちに等しい2着だったと思います。
年齢があるので人気にならないこともは理解はできますが、前走重賞で勝ち負けになった馬をこれくらいの人気で買えるのであれば狙う価値はあるとみています。

相手に置きたいのは、ウェスタールンド、ラビットラン。

ここは記事内で取り上げた好走のデータの該当馬から選出。他にも該当馬はいますが、距離不安がない、差し・追込馬を評価しました。

ウェスタールンドはダート転向後、すぐにチャンピオンズカップでも好走したようにこの距離はベスト。前が引っ張ってくれればこの馬の末脚は活きると思います。

ラビットランもダート転向は安定感があり、同舞台であるJBCレディクラシックで2着と実績も十分。この時の1着がアンジュデジールで、後にチャンピオンズカップで4着に入っていますので、ラビットランもこのメンバーも十分にやれるとみています。

◎アングライフェン
○ウェスタールンド
▲ラビットラン