マイルチャンピオンシップ 2019 予想【馬場はフラット。前半はゆったりペースとみて前有利予想】

京都競馬場は今週からCコース替わりとなります。ただ、土曜日の競馬からはコース替わりの影響がほとんどなかったかのような時計的にも平凡で、内・外の馬場もフラットといった印象。

馬場に優劣がないのであれば展開重視。
レースを引っ張るのは、内枠に入ったグァンチャーレとマイスタイルで間違いなさそう。ただ、どちらも飛ばして逃げたいタイプではないでしょうし、競り合ってまでハナにこだわることもないので、スタートが良かった方がそのまま先頭に立ちそう。

マイスタイルはマイル適正が高いですし、グァンチャーレは京都巧者、どちらも直線では見せ場を作ってきそうなので、狙いたいのはこの2頭を目標にレースを進める馬たちとみています。
後半は上がり勝負にはなっても、ペースは落ち着くと思うので、中団よりも前で競馬ができる馬を中心に勝負したいと思います。

中心に置きたいのは、ダノンプレミアム。

安田記念の苦い思いであるので外枠は若干の不安はありますが、先行しそうな馬たちの多くは内枠に入りましたので、スタートをしっかり切れれば上手く先団グループに加われそう。

グァンチャーレやマイスタイルよりも前で競馬はしないと思っているので、平均ペースで流れて先行できれば、能力の違いを見せてつけてくれるはず。

前走は同じような位置取りから競馬をしたアーモンドアイには屈するも、前をいったアエロリットを差し、後続を寄せ付けない強い走りでした。
前走は相手が悪すぎましたので、今回こそは勝利を期待したいですね。

相手に置きたいのは、インディチャンプ。

ダノンプレミアムとの位置取り差はでそうですが、こちらも先行策から展開の利がありそうな1頭。

安田記念とマイルチャンピオンシップはあまり直結しない印象も、その安田記念はアエロリットを差し切り、展開が向かなかったにせよアーモンドアイに先着。普通に強い内容だったと思います。

福永騎手とは手が合っていたと思うので乗り替わりは残念ですが、マイルチャンピオンシップを3勝している池添騎手ならプラスはあってもマイナスにはならないと思っています。
終わってみたら春秋マイル制覇してました、なんてこともありそう。

3頭目は、アルアイン。

昨年の3着馬です。昨年の好走で言えばペルシアンナイトもいるので、悩んだところはありましたが、より前で競馬ができると思うこちらを選びました。

前走の天皇賞秋は外枠不利のコースで大外枠。枠の影響もあり好位を取れず、中団からのレースとなり全く自分の競馬ができなかったですね。

今回も枠は決して良くないですが、真ん中なのでスタートさえしっかりと決まれば、前走のような競馬にはならないと思っています。
先行からの粘り込みはグアンチャーレやマイスタイルより上でしょうから、昨年の再現があっても不思議はありません。

◎ダノンプレミアム
○インディチャンプ
▲アルアイン