毎日王冠 2019 予想【世代の代表としてここは好勝負を期待したい】

今年は前走ダービーで2着に好走したダノンキングリーが参戦。
同舞台である共同通信杯を勝っているように、舞台適正は高いものを持っているでしょうし、3歳世代を代表する上位の1頭と考えれば、ここは逆らえない印象ですね。

ということで中心は、ダノンキングリー。

ダービーで2着に好走したものの、高速且つ前残りの馬場が味方したところもあり、本来はこれくらいがベストの距離とみています。
休み明けと古馬との初対戦という不安は残りますが、好位から立ち回れる先行脚質は現在の馬場に合いそうですし、斤量54.0kgはかなり有利に働くとみています。
この世代を代表する1頭として今後を期待させる走りを見せてもらいたいですね。

相手筆頭は、インディチャンプ。

土曜日の競馬からは、逃げ馬がなかなか残れないものの先行馬が有利という馬場に映りましたので、逃げるであろうアエロリットよりもその後ろから追走できそうなこちらを選びました。

左回りでは底を見せていませんので斤量58.0kgでもこなしてくれそうですし、個人的には調教の動きがかなり良く映ったのも評価したいですね。

本当はもう1頭くらい選びたいところでしたが、ダノンキングリーからだとほとんどつかないので、今回は2頭のみでいきたいと思います。

◎ダノンキングリー
◯インディチャンプ