ダービー卿チャレンジトロフィー 2020 予想【マイル実績最上位、あの馬は揺るがない】

2020年4月19日

今週は中山、阪神ともどもBコース替わり。雨の心配もありませんので、内が有利になる可能性はありそうですね。

実績上位馬は揺るがないと思っているので、あとは馬場の恩恵を受けれそうな対抗馬、穴馬を絡めて勝負していきたいと思います。

本命は、プリモシーン。

前日オッズは抜けてすぎで不安になりましたが、それだけこの馬の実績は抜けていると思います。マイル重賞3勝は伊達ではないでしょう。

Bコース替わりと、東京から中山への舞台替わりは割引材料とみていますが、前走と同じくらい、中団より少し前で競馬ができれば、重賞連勝も見えてくると思います。

対抗は、レイエンダ。

前走の東京新聞杯は、展開不向きだった上に、大幅な馬体増の中、勝ち馬からは0.5秒差でしたので、そこまで悲観する内容ではなかったと思います。

前走と同じ3枠6番。積極策を導いた丸山騎手が引き続きとなる、今回も枠に合った積極策が期待できそう。内が有利になる想定なので、ここは前走よりも勝ち馬に迫れる走りができると期待。

穴は、トーラスジェミニ。

重賞での実績はないものの、同舞台は3戦2勝と得意の舞台。前にいきやすい、ギリギリ良い枠にも入れましたし、スタートを普通に出れれば、この馬らしい競馬はできると思います。

あとは展開と馬場頼み。前が止まらない流れになれば、踏ん張ってくれると思います。

プリモシーンとレイエンダの馬連、ワイド。プリモシーンとトーラスジェミニのワイド。計3点で勝負。

◎プリモシーン
○レイエンダ
▲トーラスジェミニ