レパードステークス 2019 予想【今年は1番人気が勝ち負けになってくれるはず】

ここ2年は波乱の結果が続いていますが、基本的には1番人気が強いレース。昨年1番人気が着外になった結果からも今年も1番人気馬が順当に好走してくる年だとみています。

中心は、現在1番人気デルマルーヴル。

前々走のUEAダービーで4着と健闘。遠征帰りの前走ジャパンダートダービーでも2着に好走し、実績・力とも上位。
前走は無敗馬クリソベリルに完敗しましたが、今回はメンバーとしてもそこまで強力な馬はいませんので、力通りの走りができれば自ずと結果はついてくると思います。

相手筆頭は、サトノギャロス。

目下3連勝中。重賞初挑戦ならがも前走破った相手には重賞好走歴がある馬もおり、力はここでは上位とみています。
1400mまでしか経験がないので距離不安は残りますが、ヘニーヒューズ産駒はこの舞台でまずまずの成績を残していますので、距離さえこなせれば好走のチャンスがあると期待しています。

穴っぽいところでは、ブラックウォーリアとロードリバーサル。

ブラックウォーリアはダートに転身後、1,4,2,4,1,4,1着と安定感抜群。強い相手には大きく敗れていますが、それでも崩れず上位に争いに加われいる点は評価したいですね。

ブロードリバーサルは右回りコース【0-0-0-6】に対し、左回りコースは【2-0-0-0】。完全にサウスポーの成績でこここまできています。人気もほとんどありませんので、少し狙ってみたいですね。

◎デルマルーヴル
◯サトノギャロス
▲ブラックウォーリア
△ロードリバーサル