京都牝馬ステークス 2020 予想【1400m巧者の勢いを評価】

今週は年に数回ある4つの重賞祭り。中でも多頭数となるこの京都牝馬ステークス。前日ではあるのの、オッズはかなり割れそうなのですね。

頭数も多くやや難解な印象も、今年はこの舞台では絶対買いたいと思っていたあの勢いある馬を本命に勝負したいと思います。

本命は、ドナウデルタ。

1400m戦は5戦4勝2着1回でパーフェクト連対。現在3連勝中と勢い十分の4歳馬です。

2、3歳時の重賞は結果が出なかったですが、全て1600m戦でした。1400mならば違う走りができるはず。

相手は強くなりますが、こちらも連勝中と勢いはありますし、得意の条件。ここでダメなら他でもダメだと思うので、ここは期待したいですね。

対抗は、ビーチサンバ。

登録の時点では買わない予定でしたが、1枠2番という好枠を引き当てたので評価を上げました。

この馬の持ち味はなんといっても先行力。内枠なのでスタートさえしっかりと決めれば上手く先行できると思います。

2走前のローズSでダノンファタジーと差のない競馬ができたように、休み明けの臨戦過程も好材料。好位からの粘り込みに期待。

穴は、アマルフィコースト。

昨年の京都牝馬S3着で、人気はないものの実績は十分。

2走前のスワンSは先行馬には厳しい流れでしたので度外視。今回はメンバー的にも前で飛ばす馬もいないと思うので、2走前よりも展開は向くはず。ビーチサンバとの先行粘り込みを見たいですね。

◎ドナウデルタ
○ビーチサンバ
▲アマルフィコースト