京都大賞典 2019 予想【高速馬場・前残りの馬場を味方に。先行馬に期待】

土曜日の京都はまずまず時計が出ており、前も残りやすい開幕週らしい馬場となっていましたね。

このレース自体は差し馬が活躍する傾向にもありますが、現在の馬場からは前が有利に働くとみていますので、先行馬中心に狙ってみたいと思います。

中心に置きたいのは、ノーブルマーズ。

この京都芝2400mの舞台は【1-1-1-1】。唯一の着外は今年初戦の日経新春杯で、この時は先行できなかった上、差し馬有利の展開でもありましたので、適正の高さを示した内容だったとみています。

今回は日経新春杯時よりもペースは落ち着くメンバーに映りますし、先行しやすい最内枠に入れたもプラス。前が止まらない馬場も味方すると思いますので、ここは馬券内は堅いと期待しています。

相手に置きたいのは、シルヴァンシャー。

目下3連勝中のディープインパクト産駒です。ディープインパクト産駒は勢いがある時が買いでしょう。
前走と同じくらいの好位追走を期待したいですね。

前走上がり最速組の好走データにも該当していますので、実績はありませんが血統やデータから面白いとみています。

3頭目は、エアウィンザー。

これまでの実績から考えればここは距離が長い印象。ただ、この馬は京都が大得意で、しかも現在の馬場はこの馬向き。距離をごまかせる競馬ができれば残れるチャンスはあると考えました。

距離を不安に後方待機する競馬では届かないと思うので、いつも通り先行して、その位置からじっくりと脚を溜めてもらいたいですね。

◎ノーブルマーズ
○シルヴァンシャー
▲エアウィンザー