京都2歳ステークス 2019 予想【上がり勝負となれば勝ち負け必須のあの馬が中心】

重賞昇格から今年で6年目となりましたが、距離や時期も影響してか今年も少頭数。昨年の3着馬は後の菊花賞馬ワールドプレミアでしたので、今年も今後のクラシックで活躍するような馬が出てきてほしいですね。

予想の方は、例年通り、後半にかけての上がり勝負になるとみていますので、近走のは尻から瞬発力勝負ではまだ負けないとみているあの馬から入っていきたいと思います。

中心に置きたいのは、マイラプソディ。

ここ2走ともに最速上がりの末脚を出しているように上がり勝負ではこの馬は抜けているはず。
メンバー的にも大逃げするような馬もいないでしょうし、平均ペースよりもゆったりと流れてて直線を迎えれば、ここ2走と同じく弾けてくれると思います。

中心に置きたいのは、マイラプソディ。

ここ2走ともに最速上がりの末脚を出しているように上がり勝負ではこの馬は抜けているはず。
メンバー的にも大逃げするような馬もいないでしょうから、平均ペースよりもゆったりと流れて、直線勝負と想定している通りにあれば、ここ2走と同じく弾けてくれると思います。

相手に置きたいのは、ミヤマザクラ。

新馬戦は4着に敗れるも、前走の未勝利戦は2着以下を5馬身つける圧勝。札幌舞台でのレコード勝ちでしたので、やや時計がかかりそうな京都は合いそう。
前走多頭数立てを勝利できたのも評価したいですね。

穴には、トウカイデュエル。

マイラプソディとミヤマザクラは人気通りに強いと思っていますが、他は横並びという見立てです。なので、ここは最内枠に入れた優位性を評価したいと思います。
ここ3戦崩れていないように、上手く立ち回れれば馬券内のチャンスはあるとみています。

◎マイラプソディ
○ミヤマザクラ
▲トウカイデュエル