共同通信杯 2020 予想【連勝をどこまで伸ばせるか。ここではまだ負けてほしくないあの馬中心】

日曜日は全国的に雨っぽいですが、東京は京都ほど雨量は多くならなさそうですね。そこまで大きく馬場は変わらないとみて予想していきました。

今年の注目は現在3連勝となるマイラプソディ。前走2着に破ったミヤマザクラが土曜日のメインを勝利しましたので、自然とこの馬にも期待がかかりますね。同世代のコントレイル、サリオスに並んでほしいという思いも込みで勝負したいと思います。

本命は、マイラプソディ。

デビューから3戦3勝の無敗馬。ここ3走の走りからはトップスピードに乗るまでモタモタしているので、東京への舞台替わりはさらに期待が持てそう。

東京はやや内が有利な馬場に映るので、外々を回すのではなく、中団5番手以内いからレースを運べれば4連勝でしょう。

対抗は、ビターエンダー。

前走の京成杯は直線の進路取りで若干ロスがありながらも、徐々に伸びていき4着を確保勝ち馬と並んでスムーズに運べれば3着はあったと思います。

新馬、未勝利と東京で連対を続けたように、成績からは東京替わりはプラスになりそうですし、前走は数字通りに馬体も緩かったと思うので、一度叩いた上積みは大きいとみています。

ミナリク騎手はあまり重賞では信用ならないものの、下位人気馬の騎乗が多いのも事実なので、これくらいの人気馬であれば狙えると期待しています。

マイラプソディに人気が集中しているので相手は1頭でいいかと。馬単、ワイド1点ずつで勝負。
◎マイラプソディ
○ビターエンダー