小倉記念 2019 予想 | 先行有利な馬場を味方につければチャンスあり

今週はずっと天気が良かったので小倉は高速馬場になると思っていましたが、土曜日の競馬からはまずまず時計がかかっていましたね。また馬場はきれいな状態で、最終コーナーで前につけていないとなかなか届かない馬場に映りました。

中心に置きたいのは、タニノフランケル。

逃げ馬不在の少頭数立てを考えれば、1、2番手から競馬ができそうで、現在の馬場や展開が向く可能性は高そう。
近走はいまひとつな結果が続いていますが、実績のある小倉舞台となるのでここは巻き返しを期待できると考えました。

相手には、メールドグラースとアイスバブル。

メールドグラースはもっと人気になると思っていたので、これくらいであれば手が出しやすいですね。
斤量や脚質に不安があるのはありますがこの舞台は2戦2勝と適正は申し分なし。
差し切れるかは別にして、スムーズに立ち回れれば崩れはないとみています。

アイスバブルは距離不安も、切れないディープインパクト産駒なのでこの小倉舞台は合いそう。
先団グループに取り付けそうな脚質でもありますので、積極的な競馬ができれば馬場も味方してくれると思います。

最後に穴としてはレトロロックが気になります。

ここ2走の走りからは重賞では足りない印象もありますが、もっと先行できていれば結果は変っていたとみています。
松山騎手は土曜日の小倉でまずまず善戦していましたので前が有利なことはわかっているはず。
思いきった競馬ができれば3着までならチャンスがありそう。

◎タニノフランケル
◯メールドグラース
▲アイスバブル
△レトロロック