神戸新聞杯 2019 予想【2強には全く逆らえない…。3頭目が勝負】

ダービー馬ロジャーバローズは引退となりましたが、今年は皐月賞の連対馬である
サートゥルナーリアとヴェロックスがここから始動となります。
とはいえ出走馬は8頭立て。。。なんとも寂しいメンバーとなりますね。

今年に関しては勝負するのではなく、”見るだけ”で良さげだと思っていますが、一応の予想はしたいと思います。

中心は、サートゥルナーリア。

前走のダービーは、テン乗りのなるレーン騎手と、前有利な馬場の中、位置取りが後方で外からの競馬になったことが大きな敗因だったとみています。距離は2400mがベストではないせよ守備範囲と判断しています。

今回はホープフルステークスを勝利に導いたルメール騎手へ戻りますので、さすがに後方一気ということはなさそう。
逃げ馬不在なので平均からスローぎみに流れれば、瞬発力勝負になる可能性があるので、そうなればここ4戦全て最速上がりのこの馬が突き抜けると期待しています。

相手は当然、ヴェロックスです。

サートゥルナーリアとは力差はそこまで大きくはないと思っていますが、言っても重賞未勝利なので、その点を割り引いた形となります。
同じ年にデビューした新種牡馬たちが重賞勝利している中、ジャスタウェイ産駒は未だ重賞未勝利となるので、父にあたるハーツクライ産駒と同様、なかなか勝ちきれないところはあるのかなと。
個人的にはここで勝って、ジャスタウェイ産駒の重賞勝利馬第1号となってもらいたいですが、この頭数だとサートゥルナーリアの方がより分があるのではないかと考えました。

3頭目以降は、 ワールドプレミアとシフルマンです 。

ここはヴェロックスを基準に、若葉ステークスの2、3着馬をそのまま評価。
ヴェロックスに3馬身差つけられましたが、この2頭の差はわずかでしたので、力は似たようなものではないかとみています。
レッドジェニアルはこの神戸新聞杯と同舞台で4着に敗れていますし、京都巧者とみていますので、この2頭に期待したいと思います。

◎サートゥルナーリア
○ヴェロックス
●ワールドプレミア
△シフルマン

この頭数を考えれば3連単なんですが、ヴェロックスが勝つ可能性も捨てきれないので、ほとんどつかないですが3連複かなと。
サートゥルナーリアとヴェロックスの2頭軸3連複2点で買うか悩みたいと思います。