菊花賞 2019 予想【夏の上がり馬は軽視、春の実績馬を重視】

金曜日から土曜日にかけて関西はかなり雨が降りましたが、日曜日は晴れ予報。土曜日最後の芝レースが稍重での開催となりましたので、明日の午後までに良まで回復してくれそうですね。

今年は皐月賞馬、ダービー馬、またトライアルの勝ち馬がいない、混沌としたメンバーにはなりますが、先週の秋華賞を見ても、やはり春の実績馬がそれなりに評価できると思いますので、夏の上がり馬は軽視、春の実績馬たちを中心に置く形で狙っていきたいと思います。

中心に置きたいのは、ヴェロックス。

皐月賞馬2着、ダービー3着、神戸新聞杯2着。今年に入ってから先着を許したのは、皐月賞サートゥルナーリア、ダービー馬ロジャーバローズ、毎日王冠の勝ち馬ダノンキングリーの3頭だけです。相手関係からも普通に走ればこの馬が上位から漏れることはないとみています。

またデータとしても買い要素はあります。
・前走神戸新聞杯
・前走上がり3Fタイム2位以内
・デビューから掲示板内(5着以内)をキープした成績
この3条件を満たした該当馬は【4-3-0-0】。連対率100.0%の好走データ。

ダノンファンタジー、ダノンプレミアム、そしてヴェロックスと、川田騎手と中内田調教師のコンビは、本番では勝ちきれないイメージが特に今年は強くありますが、データも後押ししてくれると思いますので、ここは人気でも逆らえないと思います。

相手に置きたいのは、ワールドプレミア。

ヴェロックスと同じ、連対率100.0%の好走データに該当。

前走の武豊のコメントからは、あまり成長が感じられなかったとのことですが、前々走の若葉ステークスでヴェロックスに3馬身差、前走の神戸新聞杯は1と1/4馬身差と、わずかですが差を縮めれたことは収穫だったと思います。また個人的にはヴェロックスよりも追いきりの動きは良く映りました。

スタートが上手くない馬なので立ち回りは難しい印象も、菊花賞においての内枠は好枠でもありますので、スムーズな立ち回りから一発を期待したいですね。

穴馬として期待したいのは、レッドジェニアル。

京都新聞杯の勝ち馬で、京都コースは4戦走って全て馬券内の舞台巧者。

春のダービーは8着に敗れましたが、位置取りがそもそも後方過ぎましたし、同じく後方だったサートゥルナーリアからは0.3秒差。またデビューから休みなく使われていたので、状態がピークを過ぎていたと考えれば決して悪い内容ではなかったと思います。

前走の神戸新聞杯は大きく負けてしまったんですが、馬体重+12kgの余裕残しでしたし、位置取りも前過ぎました。また展開としてもスローからの瞬発力勝負は向かなかったですね。
今回は上積みが見込めますし、得意の京都。巻き返しが合っても不思議はありません。

穴馬としてもう1頭。サトノルークス。

皐月賞、ダービーはともに二桁着順に敗れていますが、皐月賞は位置取りが後方過ぎ、ダービーは先行できたもののスタートから集中して走れておらず、後半に力が残せなかったことが敗因だったとみています。

前走のセントライト記念は同枠だったザダルに一度は差されるも、再度差し返す勝負根性を見せてくれました。能力を出せれば重賞で勝ち負けになるだけの力は備わっていますので、人気の盲点とみてここは狙ってみたいですね。

◎ヴェロックス
○ワールドプレミア
▲レッドジェニアル
△サトノルークス