京成杯 2020 予想【素質馬は気になるものの実績重視】

今年はエピファネイア産駒で、祖母アドマイヤグルーヴ、曽祖母エアグルーヴの良血馬エアグルーヴが参戦。人気を集めています。
前走の新馬戦の走りからは素質十分に映りますが、この世代はそういう馬が敗れたケースも多く、どこに弱点があるか読みづらいところ。
ルメール騎手の効果も重なり結構人気も集中していますので、他の馬から狙ってみたいと思います。

本命は、ロールオブサンダーにしました。

デビューから連勝を飾り、前走は京都2歳ステークスで3着に好走。実績だけならばこのメンバーでは最上位でしょう。
前走は勝ち馬に離されるも、相手はこの世代の代表となりそうなマイラプソディーでしたので、良言い訳できます。休み明けでもないのに馬体重が20kgも増えていたのも痛かったですね。

ここは先行馬が他にもいますが、新馬戦では控える競馬ができていたように控える形でも面白そう。また新馬戦は稍重のパワーのいる馬場でもありましたので、この中山舞台もフィットすると思います。

相手は、ヒュッゲ。

ロールオブサンダーと脚質がもろかぶりも、こちらも是が非でも逃げたいというタイプには映らないので枠順からは控える競馬を想定。

前走のエリカ賞はラスト4Fから加速していき、差し馬の追撃を退き勝利。長く良い脚が使えるタイプなので、ここも早め早めに動いていけばチャンスはあると思います。

穴には、ディアスティマ。

ヒュッゲを評価するのであれば、同じくエリカ賞3着のこの馬も評価したいところ。

前走は促してからややエンジンのかかりは遅かったものの、徐々に伸びていき3着を確保。位置取りの差が着差にも出た結果で、前走内容からは大きな力差はなさそう。
シュタルケ騎手はガシガシ追ってくれるイメージがあるので、反応が鈍そうなこの馬とも合いそう。

◎ロールオブサンダー
○ヒュッゲ
▲ディアスティマ

2020, 予想, 京成杯

Posted by OG