京王杯2歳ステークス 2019 予想【距離・舞台が大幅にプラス要素のあの馬が中心】

フルゲート18頭立てながらあまり多頭数になることがないこの京王杯2歳ステークスですが、今年も少頭数立て。
少頭数であれば人気馬は順当に好走している傾向にありますので、今年はこの舞台が最も合うと思うと期待している1頭から絞って参加したいと思います。

中心に置きたいのは、タイセイビジョン。

前走の函館2歳ステークスは逃げて勝利したビアンフェを差しきれずの2着。展開が向かない中で位置も後方過ぎでしたので、敗れはしましたが能力があったから2着にこれた内容だったと思います。

また前走は距離も短ったと思うので、新馬戦で強い走りを見せた1400mに距離が伸びるのは好材料。差し脚も素晴らしいので東京舞台も合うとみています。

相手に置きたいのは、ヴァルナ。

新馬戦は低人気を覆し5着に健闘。続く未勝利は1600m戦で逃げて最速上がりで圧勝。距離短縮がプラスに働いたこともそうですが、馬体重が大きく増えましたので一気の成長分だったとみています。

前走の走りからはさらなる距離短縮はプラスになりそうですし、距離に不安がある馬が先行しそうなのでハイペースにはならないと想定しているので、好位からじっくりと脚を溜めれればチャンスがあると思います。

◎タイセイビジョン
○ヴォルナ

頭数が少ないので今回はこの2頭だけで勝負します。