京阪杯 2019 予想【モズスーパーフレアの逃げ展開が向く差し馬中心】

ここ2年は二桁人気馬が好走する波乱決着が続いている中、今年はスプリンターズステークスで2着に好走したモズスーパーフレアが参戦となります。
そんな前走スプリンターズステークス組は【1-0-1-17】と不振。
モズスーパーフレアは強いとは評価しつつもデータ的にはこわいところがありますので、ここはモズスーパーフレアの逃げ展開が向きそうな、差し馬を中心に考えていきました。

中心に置きたいのは、ライトオンキュー。

記事内で取り上げた好走データの該当馬であり、前走上がり3Fタイム2位且つ4着以内は【1-3-0-2】で複勝率66.7%。データは揃っています。

前走キーンランドカップも上位馬の中では一番ロスのある競馬をしていましたし、それでいてタワーオブロンドンとは0.1秒差。前走から一気に人気が上がるのは嫌ですが、重賞で勝ち負けになるだけの力はあると思います。

モズスーパーフレアが逃げる展開と脚質も上手く噛み合ってくれそう。

相手に置きたいのは、カラクレナイ。

前走同舞台だったオパールステークスは3着。牝馬で斤量は55.0kg、連対した2頭とは3.0kgもの斤量差がありました。また追込馬が上位を占める展開を好位でレースを進めていましたので、かなり厳しかったですね。それでも差のない3着でしたので、一番強い競馬をしたのはこの馬。

前走先着を許したアウィルアウェイ、エイシンデネブとは斤量差は小さくなりますし、近走ずっと外枠に泣かされていましたが、今回は中枠。条件が好転する中で、人気も上がってこなさそうなので、ここは狙い目とみています。

もう1頭。お隣さんのダイメイフジ。

最近は馬券になることが少なくなってきていますが、直近の好走はライトオンキューとクビ差。
その前はモズスーパーフレアが逃げて勝利したオーシャンステークスで3着。さらに前はモズスーパーフレアとタイム差なしだったラピスラズリステークス。力はここでも通用すると思います。

また過去2度モズスーパーフレアが逃げた展開で馬券になっていますので、今回もその可能性にかけたいと思います。

◎ライトオンキュー
○カラクレナイ
▲ダイメイフジ