阪神ジュベナイルフィリーズ 2019 予想【3強はどれも強そうだけど一番安定感がありそうなあの馬から】

阪神は開幕週から変わらずの速い馬場。また土曜日のメインリゲルステークスこそ差し決着となったものの、その他の芝レースは全て逃げ馬が馬券に残る結果でしたので、余程のハイペースにならない限りは前が有利と想定しています。

リアアメリア、クラヴァシュドール、ウーマンズハート、3強はどの馬も強いと思っていますが、時計は出そうですし、馬場にも偏りはあるので、この中で一番安定して好走しそうな馬を中心に勝負したいと思います。

中心に置きたいのは、クラヴァシュドール。

前走のサウジアラビアRCは、来週の朝日杯FSで人気を集めそうなサリオスと僅差の競馬。サリオスがめちゃくちゃ強い可能性がるので価値ある2着とみています。
また新馬戦は同舞台で1:35.4。これはリアアメリアよりも速いタイムでしたし、時計が出やすい馬場だったによせ33.1秒の上がりが優秀。

そしてリアアメリア、ウーマンズハートよりも評価したいのはシンプルに脚質です。今の馬場は前有利に映るので、他2頭よりも前で競馬ができれば馬場も味方につけれるはず。

勝ち馬って感じは正直全然ないんですが、3強の中で一番馬券内は堅そうな馬に映りますので、ここを軸にしたいと思います。

対抗に置きたいのは、リアアメリア。

ウーマンズハートと甲乙つけがたいところはありましたが、どちらも中団あたりから競馬をするとなれば、やはり包まれる心配の少ない外枠を上に取りました。

川田騎手と中内田調教師のコンビは、今年G1では勝ちきれないースが続いていますが、ここは大いにチャンスがあると思いますので、

穴は、マルターズディオサ。

3強に割って入れる可能性を感じるのはこの馬。
新馬戦はウーマンズハートに完敗という結果だったものの、直線の長い新潟舞台で逃げる競馬で上がり2位の末脚は立派。
次走の未勝利戦は同舞台を後方から最速上がりで差し切り勝ち。
そして前走のサフラン賞は中山マイル戦で中団からレースを進め、こちらも最速上がりで勝利。
この馬を評価したいのは、この3戦全て位置取りが違う競馬をして2勝2着1回と安定しているところです。様々試して全てにしっかりと対応できているのは競馬センスがあり、能力が高いことの証明だと思います。

枠も競馬がしやすい真ん中なので、自在性を活かして、馬場や展開を味方につければチャンスありでしょう。

◎クラヴァシュドール
○ リアアメリア
▲マルターズディオサ