阪神大賞典 2020 予想【近走の安定感を評価】

2020年4月19日

この阪神大賞典は1番人気が10年連続馬券内と逆らえないデータが揃っています。そのデータの該当馬となりそうなのが、前日1番人気のキセキ。
昨年の活躍からも1番人気は納得なんですが、ひとつ気になるのは、菊花賞馬ながら3000m以上のレースはこれが2度目というところ。あれだけ1800m~2400mで安定した走りを見せつけれられると、しばらくぶりの長距離戦で、圧倒的な1番人気というのは少し疑ってみたくなりますね。

当日1番人気のデータは逆らいますが、近走の内容から一番崩れにくいであろうあの馬を本命に勝負したいと思います。

本命は、ユーキャンスマイル。

菊花賞3着、万葉S2着、ダイヤモンドS1着、天皇賞春5着、長距離戦の実績は最上位。
キンカメ産駒ながら母父ダンスインザダークが効いており、昨年の活躍からも完全にステイヤーとみていいでしょう。

阪神は前残りの馬場なのが気にはなりますが、少頭数なので縦長の隊列にならなければ、差し脚は届くはず。近走はG1でも崩れず上位争いをしているので、このメンバーなら馬券内は堅いでしょう。

相手は、勢いある4歳馬から、ボスジラとトーセンカンビーナ。

勢いあるディープインパクト産駒の2頭。ともに前走1番人気1着で、記事で取り上げた通り、好走データの該当馬です。

どちらも実績がない分、近走よりかは前目で競馬をしてくれるのではないかと勝手ながら希望しています。前残りの馬場なので好位で上手く流れに乗れれば馬券になるはず。

勢いある4歳馬2頭はさすがにどちらも好走できるとは思っていないので、馬券は、ユーキャンスマイルからのワイド2点で勝負。
◎ユーキャンスマイル
○ボスジラ
▲トーセンカンビーナ