阪神カップ 2019 予想【近走の敗戦は度外視。内回りコースがあるあの馬から勝負】

今年の目玉はなんといってもNHKマイルカップ以来となる、今年の桜花賞馬グランアレグリアの参戦ですね。
長い距離が難しいということで、ずっとマイル戦で集中してきましたが、ここで初の1400m戦の挑戦となります。

ここをクリアできれば1200mという短距離路線の道がさらに広がりますので、期待したい気持ちはあるんですが、今年は登録の時点から狙ってみたい馬が他にいるんですよね。
グランアレグリアがきたらそれはそれとして割り切って、この舞台だからこそ狙ってみたいあの馬から参加したいと思います。

中心に置きたいのは、フィアーノロマーノ。

これまで勝つか負けるか極端な馬ではありますが、勝利した6戦は中山2戦、阪神内回り・外回り、福島、京都内回りと、外回りコースは1回あるものの、そのほとんどが直線の短い小回りコース。
前走のマイルCSや安田記念、春の京王杯SCは得意の条件ではなかったとみてよさそう。

実績ある小回りコースに替わるので仕切り直しができそうですし、初コンビとなるもスミヨン騎手は心強い。レースを組み立てやすい真ん中にも入れましたで、巻き返しを期待しています。

相手に置きたいのは、レッツゴードンキ。

今年で7歳、引退レースとはなるものの、今年のスプリンターズステークスは5着、高松宮記念では6着。また同舞台である阪急杯では2着と好走。衰えは全く感じません。

阪急杯2着時は1枠1番。今回は1枠2番とほぼ同じ枠に入れましたし、引退レースとなるので状態はメイチのはず。
岩田騎手のイン突きがスムーズにいけば、引退レースでの好走も可能とみています。

穴には、メイショウショウブ。

3歳世代では当然桜花賞馬グランアレグリアが抜けた存在だと思いますが、この世代で一番気になっているのが、このメイショウショウブ。何が気になるかというと、成績と使われてきた距離です。
近走は1800mが2回、2400mが1回で3戦全て着外。その前は1600mで【0-2-2-2】とまずまず安定。唯一の勝利は1400mのダート未勝利戦で、完勝しています。

父はダイワメジャー産駒となるので、距離適正はマイルまでとみて良さそう。もっと言えば1600mも少し長くて、1400mや1200mがベストの可能性もありそうかと。そうなればこれまでずっと適正外の距離ばかりに使われていたことになります。

1400mや1200mがベストと想定すれば、ここでの距離短縮は願ってもないこと。一発あってもおかしいと思いますので、この人気ですし狙ってみたいですね。

◎フィアーノロマーノ
○レッツゴードンキ
▲メイショウショウブ。