阪急杯 2020 予想【1400mのスペシャリスト+αで勝負】

勝ち馬には高松宮記念の優先出走権が与えられるこの阪急杯ですが、今年はスプリンターらしいスプリンターはあまりいないメンバー構成。

1400mという特殊な距離。ここはシンプルに距離実績を重視して各馬選んでいきました。

本命は、フィアーノロマーノです。

Fastnet Rock産駒ということで地味な印象も、自身も阪神でほぼ負けていないように、この舞台との相性は抜群。

ダービー卿CTを勝利へ導いた川田騎手への乗り替わりも好印象。非根幹距離はこういう王道とは違った馬が走るもの。前走に続いて買い負けを期待。

対抗は、ダイアトニック。

京都巧者なので阪神替わりはプラスにならないものの、1400mは6戦5勝2着1回と、フィアーノロマーノと同じ1400m巧者。

近走はやや後ろからの競馬が続いているので、同じような位置取りだと前を捕まえれないとみて、2番手評価。

もう1頭、ステルヴィオ。

唯一のG1馬で実績最上位。近走はずっとG1かG2戦でしたので、このクラスなら久しぶりでも下手な競馬にはならないと思います。

距離への対応力はやってみないと分からないものの、1800mでは崩れていないように非根幹距離への適正は高いとみています。

買いたい!と思う穴馬は探せず…。いないということは荒れないということ。
馬券はフィアーノロマーノからの馬連2点勝負。

◎フィアーノロマーノ
○ダイアトニック
▲ステルヴィオ