富士ステークス 2019 予想【東京芝1600m、この舞台だからこそ買いたい馬を素直に評価】

昨年に続いて今年もフルゲート18頭立て。NHKマイルマップの覇者アドマイヤマーズ、ヴィクトリアマイルの覇者ノームコアと豪華なメンバーが揃ってくれましたね。

好メンバーな上、今週も雨が残る馬場となるので、どこからでも狙えそうな印象ですが、今年はこの舞台だからこそ狙いたいあの舞台巧者を中心に置きたいと思います。

中心に置きたいのは、レッドオルガ。

右回りコースは連対がないのに対し、左回りコースは【5-1-2-2】で、同舞台(東京芝1600m)は【2-1-2-1】と堅実。レッドアヴァンセやレッドアリオン、クラレントの下にあたる、左回り巧者の一族ですね。<.p>

前走のヴィクトリアマイルは11着に敗れたものの、進路を確保できなかったが全て。東京新聞杯では、のちに安田記念を制するインディチャンプと半馬身差の2着ですから、力負けではなかったでしょう。
姉や兄たちもそうだったように、この東京芝1600mはベストの舞台。ここで買わずにどこで買うという馬だと思いますので、巻き返しを期待。

相手に置きたいのは、クリノガウディー。

実績からはアドマイヤマーズやノームコアを相手に置くのが無難に思えますが、どちらも斤量が少し気になるので、斤量が恵まれる3歳世代に期待したいと思います。

前走の京成杯AHは7着と敗れたものの、直線で前が壁になりましたし、内め前めを通った馬が上位を占めたように、展開も向きませんでした。それでもジリジリと伸びていましたので、馬の状態は決して悪くは判断。

小雨降る朝日杯フューチュリティステークスでアドマイヤマーズに次ぐ2着だったように、雨が残る馬場はむしろプラスに働くと思うので、斤量差を活かした走りを見せてもらいたいですね。

3歳馬からもう1頭。カテドラル。

前々走のNHKマイルカップはアドマイヤマーズから0.1秒差の3着。今回は斤量差が3kgありますし、クリノガウディー同様、使われている強みもあるので、逆転は可能と考えました。

アーリントンカップで2着に導いたシュタルケ騎手に乗り替わりは心強いですし、枠も真ん中なのでレースは組み立てやすそう。
展開に左右される脚質ではありますが、末脚は良いものを持っていますので、一発に期待したいと思います。

◎レッドオルガ
○クリノガウディー
▲カテドラル