府中牝馬ステークス 2019 予想【先行争いが激しくなるとみて差し馬中心で勝負】

東京は台風の影響で土日は未開催。明日はまた雨が降りそうな予報となっているの、全く馬場が読めないですが、今年は逃げたい馬が揃った印象を受けますので、前半からペースが上がっていくことを想定しつつ差し馬を重視した予想をいきたいと思います。

中心に置きたいのは、プリモシーン。

近走は勝利にこそ届いていないものの、ダービー卿CT2着、ヴィクトリアマイル2着、中京記念3着と重賞戦線で堅実に走れています。福永騎手とコンビを組むようになってより一層安定感が増してきましたね。
右回りより左回りというタイプですし、今回牝馬限定戦になるも好条件。
ジョディーやエイシンティンクルあたりが前を引っ張ってくれるとみていますので、展開としても末脚を活かせると思います。
重賞3勝目を期待したいですね。

相手に置きたいのは、 スカーレットカラー。

近走の充実度であればプリモシーンと同じくこの馬も評価したいですね。
左回りの適正は読めないですが、現在の充実度であればこなしてくれるはず。
進路選択は難しそうですが、スムーズに運べればここでも末脚を爆発してくれると思います。

穴としては、 レッドランディーニ。

前走のマーメイドステークスは展開が向いたところや斤量が51.0kgと恵まれたところはありましたが、スカーレッドカラーが次走好走できことを考えれば、決してレベルが低かったということはなさそう。
スカーレットカラーを評価するのであれば、同じ脚色だったこちらも評価したいですね。
前走よりも人気が上がっていければ嫌っていたと思いますが、変わらずの人気となるので狙ってみたいと思います。

◎プリモシーン
◯スカーレットカラー
▲レッドランディーニ