フワラーカップ 2020 予想【無敗馬との相性バツグン。まだ底を見せていないあの馬中心】

2020年4月19日

桜花賞の前に行われるものの、優先出走権が与えられるレースではなく、あまり本番とは直結しないレースですが、力関係を見極める上では重要な1戦となりそうですね。

今年は小回り適正が高そうで、データも揃っている1頭を本命に、相手は穴でいきたいと思います。

本命は、シーズンズギフト

評価しているのは、福島、中山と連勝中で、小回りコースで高い適正を示しているところですね。

この2戦は相手に恵まれながらも、最後は流す余裕もあり、完勝といっていい内容。本気で走れば重賞級と期待しています。

また、キャリア2戦以上の無敗馬は【2-0-2-1】で好成績を残しているので、データも味方してくれると思います。

対抗は、クリスティ。

阪神JF以外の4戦は全て連対という堅実馬。

1800mで2勝を上げているように、距離はこれくらいがベスト。3走前のアイビーSは離されながらもワーケアに次ぐ2着で力は上位。
外枠に入ってしまったのはちょっとマイナスですが、前半から積極的に位置をとっていければ、ここも勝ち負けにもっていけるはず。

穴は、チェスナットドレス。

これまで掲示板を外したことはなく、相手なりに走れるタイプ。

前走のつばき賞は牡馬に混じ僅差の競馬。結果は4着と出なかったですが、決して悲観する内容ではなかったと思います。

また2走前の未勝利戦は、日曜日のスプリングSで人気となりそうファルコニアとの叩き合いを勝利。ファルコニアがスプリングSでどれくらい走るかは分かりませんが、人気になることを考えれば、この馬の現在の人気はややなめられすぎな感じがします。これだけ人気がないのであれば穴をあけてもらいたいですね。

シーズンズギフトは小回りコースでこその馬だと思うので、勝ち負け必須ということで、クリステイとの馬連。チェスナットドレスとのワイド各1点ずつで勝負。
◎シーズンズギフト
○クリスティ
▲チェスナットドレス