フェブラリーステークス 2020 予想【前走の衝撃はここで継続される】

やってきました2020年最初のG1レース、フェブラリーステークスです。
今年の注目は、史上2頭目となるインティの連覇か、史上5頭目となるモズアスコットの芝・ダートG1制覇となるか。はたまた新王者の誕生か。楽しみでなりませんね。

実績的にはインティが抜けている印象でしたが、近走の走りからは自分の走りができなければ脆さが出ているのも事実。インティをマークして同じように先行する馬もいるので、連覇ではなく、新王者を期待して勝負したいと思います。

本命は、モズアスコット。

前走初のダート挑戦でいきなり根岸Sを勝利。得意の距離ではあったにせよ、あの末脚はモノが違っていように映りました。

ここ数年で芝からダートに転向して印象的だったのはアウォーディー。ダート転向後、連勝に連勝を重ねてJBCクラシック制覇。アウォーディーは1戦非重賞レースを使いましたが、2戦目でいきなり重賞制覇。モズアスコットは初戦ですから、アウォーディーと同等かそれ以上と考えれば、ここで馬券になる確率は高いと考えました。

しかも前走の2着馬はコパノキッキング。1200、1400mでは現役最強とっていもいい馬ですから、その相手に-0.2秒差は勝利ですから、フロックではないと思います。

前日のダート戦はやや時計も出ていたので、芝で好時計を持っているこの馬にとってもプラスとなりそうですし、心配していた枠も揉まれ少なそうな外めの枠に入れたので、偉業達成を期待したいですね。

対抗は、サンライズノヴァ。

過去2回のフェブラリーステークスはともに敗れていますが、展開不向きや枠に泣いただけで、決して力負けではなかったとみています。

前走の武蔵野Sは、上位馬が差し・追込に対し、2番手での競馬で5着。舞台適正、力があることを証明した内容でした。

今年絶好調の松山騎手への乗り替わりはプラスとなりそうですし、南部杯の走りからも休み明けは問題なし。3度目の正直で馬券内はあるとみました。

穴は、タイムフライヤー。

このフェブラリーステークスは同舞台である武蔵野S出走馬から度々馬券になっている傾向。先のサンライズノヴァが最も有力も、年齢からはタイムフライヤーも評価したい。

ダート戦での好走は武蔵野Sしかないものの、他の3戦は展開が不向きだったレースもありますが、それ以前に馬体増減が激しかったのも大きかったとみています。

状態と展開利があれば上位に加われる力はあると思いますので、この人気であれば狙ってみたいですね。

◎モズアスコット
△サンライズノヴァ
▲タイムフライヤー