フェアリーステークス 2020 予想【底を見せていないあちらの馬を本命に相手は穴狙い】

今年は2戦2勝と底を見せていないアヌラーダプラとシャインガーネットが人気。新馬戦は好位から、前走は中団からレースを進めて連勝してきているように、レースセンスも高そうですし、どちらもこの中山芝1600m戦で勝利経験があるので舞台への不安もなし。そして鞍上はルメール騎手、マーフィー騎手ですから、波乱傾向のレースでも共倒れは考えにくいとみて、この2頭を中心に相手を探しのレースと予想。

本命は、アヌラーダプラ。

前走は1400mを使った過程にはやや不安があるものの、ここ2戦の走りからはまだ本気で走っておれず、成績通りに、底知れない魅力を感じますね。

唯一の不安は、前日ルメール騎手がシンザン記念を勝利したことでしょうか。ルメール騎手ならあり得ることですが、2日連続重賞制覇は運的にはなさそうなのかと。それでも馬券外になることはないと思っているので、中心はここから。

対抗は、チェーンオブラブ。

前走の赤松賞は4着に敗れましたが、スタートで後手を踏んで、位置取りが悪くなったことが敗因。もう少し前で競馬ができていれば馬券内は十分にあったと思います。展開も向かなかった中、あの位置から追い込んで4着ですから、むしろ力を評価したいですね。

前走は勝ち馬シャインガーネットのレースセンスが光る内容でもありましたが、オッズほど力差はないと思うので、ここまで人気差が出るのであれば狙ってみたいと思います。

もう1頭、ペコリーノロマーノ。

チェーンオブラブを評価するのであれば、新馬戦でチェーンオブラブに先着しているこの馬も同等の力があっても不思議はありません。

右回りコースが苦手ではないかという疑いはあるものの、前走つわぶき賞の走りは素晴らしかったですし、能力を出し切れればチャンスはあるとみています。

◎アヌラーダプラ
◯チェーンオブラブ
▲ペコリーノロマーノ