セントウルステークス 2019 予想【馬場の偏りを味方に、先行馬中心に勝負】

今週から開幕となった中山・阪神両舞台ですが、どちらも開幕週らしい完全な前有利な馬場になっていますね。
これだけ顕著に馬場の偏りが出ていますので、素直に先行馬たちを中心に狙っていきたいと思います。

中心に置きたいのは、イベリス。

同型馬との兼ね合いは気になるものののこの馬の先行力は現在の馬場にフィットするとみています。
過去には同舞台での勝利実績あるのも良いですね。
先団グループ3番手以内で競馬ができれば、馬場も味方してくれそう。

相手には、ミスターメロディ。

右回り、休み明け、斤量、外枠とマイナス要素盛りだくさんにも思えますが、スタートが上手いので、好位で競馬ができれば崩れはないと判断しました。
スプリント界は現状絶対王者がいませんので、春の王者としてここでは下手な競馬は見せてもらいたくないですね。

最後に穴馬は、ペイシャフェリシタ。

前走のキーンランドカップは、差し・追込馬が活躍する先行馬には厳しい流れでした。そんな中、先行勢としてナックビーナスやセイウンコウセイと差のない競馬をしていました。ここは馬場や展開が味方する可能性がありますので、この人気であれば狙ってみたいですね。

◎イベリス
◯ミスターメロディ
▲ペイシャフェリシタ