セントウルステークス 2019 データ分析【6歳の好走条件】

2019/09/08(日)
第33回 セントウルステークス
4回阪神2日目 3歳上 3歳以上オープン
(国際)(指定)別定
本賞金:5900、2400、1500、890、590万円

※データは過去10年分です

セントウルステークス 2019 人気別データ

人気 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-5-1-1 30.0% 80.0% 90.0%
2番人気 2-3-1-4 20.0% 50.0% 60.0%
3番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
4番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
13番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

セントウルステークス 2019 単勝オッズ別データ

単勝オッズ 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1~1.9倍 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
2~2.9倍 1-3-1-0 20.0% 80.0% 100.0%
3~3.9倍 2-2-0-3 28.6% 57.1% 57.1%
4~4.9倍 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
5~5.9倍 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
6~6.9倍 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
7~7.9倍 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
8~8.9倍 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
9~9.9倍 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
10~14.9倍 1-1-2-10 7.1% 14.3% 28.6%
15~19.9倍 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
20~29.9倍 0-0-1-14 0.0% 0.0% 6.7%
30~39.9倍 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
40~49.9倍 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
50~59.9倍 0-0-2-4 0.0% 0.0% 33.3%
60~69.9倍 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
70~79.9倍 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
80~89.9倍 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
90~99.9倍 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
100倍以上 0-0-1-33 0.0% 0.0% 2.9%

1番人気は複勝率90.0%で信頼度が高い。2番人気も複勝率60.0%で悪くない。
単勝オッズは2.9倍以下で【1-4-1-0】。5倍以上になるとやや率が下がってくる。

稀に二桁人気の好走もあるが、狙いやすいのは単勝オッズ10.0倍~20.0倍未満組。【2-2-3-21】の成績で、過去10年中7年で馬券になっています。

セントウルステークス 2019 性別データ

性別 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
牡馬・セン馬 6-7-4-79 6.3% 13.5% 17.7%
牝馬 4-3-6-38 7.8% 13.7% 25.5%

好走数は牡馬・セン馬が上も、率の上では牝馬が優勢。

<牡馬・セン馬>
5番人気以内:【5-6-3-12】
6番人気以下:【1-1-1-67】

<牝馬>
5番人気以内:【3-3-3-15】
6番人気以下:【1-0-3-23】

5番人気以内の牡馬、セン馬は複勝率50.0%。該当馬が2頭以上となれば中心となりそう。

セントウルステークス 2019 年齢別データ

年齢 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
3歳 3-1-0-14 16.7% 22.2% 22.2%
4歳 3-2-1-14 15.0% 25.0% 30.0%
5歳 4-5-3-32 9.1% 20.5% 27.3%
6歳 0-0-5-33 0.0% 0.0% 13.2%
7歳 0-2-1-19 0.0% 9.1% 13.6%
8歳上 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%

4、5歳が中心。6歳以上は勝利がなくやや苦戦傾向。

4歳の好走は5番人気以内から。6番人気以下で【0-0-0-11】。

6歳の好走は9番人気以内から。10番人気以下で【0-0-0-21】。

7歳の好走は6番人気以内から。7番人気以下で【0-0-0-1】。

セントウルステークス 2019 所属別データ

所属 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
関東馬 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%
関西馬 9-7-9-98 7.3% 13.0% 20.3%
海外馬 0-2-0-1 0.0% 66.7% 66.7%

関西馬が中心。
関東馬の好走馬3頭は、前走4着以内から。前走5着以下は【0-0-0-10】。
また関東馬で前走アイビスSD組は【1-1-0-1】。該当馬がいれば注目したいところ。

セントウルステークス 2019 馬体重別データ

馬体重 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
419kg以下 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
420~439kg 0-1-2-5 0.0% 12.5% 37.5%
440~459kg 0-0-0-17 0.0% 0.0% 0.0%
460~479kg 5-3-2-31 12.2% 19.5% 24.4%
480~499kg 3-3-4-33 7.0% 14.0% 23.3%
500~519kg 1-3-1-20 4.0% 16.0% 20.0%
520~539kg 1-0-1-9 9.1% 9.1% 18.2%
540kg以上 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

馬体重460~499kgが中心。
馬体重440~459kgはこの10年好走なし。そろそろ出番とも考えられますが、過去には人気馬もしっかりと該当していましたので、気持ち的には避けて組となりそう。

セントウルステークス 2019 前走クラス別データ

前走クラス 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
G1 2-5-0-14 9.5% 33.3% 33.3%
G2 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
G3 7-5-9-73 7.4% 12.8% 22.3%
LまたはOP特別 0-0-1-24 0.0% 0.0% 4.0%
1600万下 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%

セントウルステークス 2019 前走レース別データ

前走レース 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
チェアマンズスプリン(G1) 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
チャンピオンズマイル(G1) 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
クリスフライヤーイン(G1) 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
高松宮記念(G1) 1-2-0-4 14.3% 42.9% 42.9%
安田記念(G1) 0-1-0-3 0.0% 25.0% 25.0%
ニュージーランドT(G2) 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
北九州記念(G3) 5-1-6-49 8.2% 9.8% 19.7%
アイビスサマーD(G3) 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
シルクロードS(G3) 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
CBC賞(G3) 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
函館スプリントS(G3) 0-1-1-2 0.0% 25.0% 50.0%

好走馬が出てきているのは上記11レース。

中心となるのは、前走北九州記念またはアイビスサマーダッシュ組。この2レースの成績は【7-3-6-55】。
同じサマースプリントシリーズでもあり、毎年数が多いということもありますが、この10年連続好走中。
特に前走3着以内であれば【5-3-1-9】で複勝率50.0%。

セントウルステークス 2019 前走人気別データ

前走人気 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-3-3-12 18.2% 31.8% 45.5%
2番人気 2-3-1-8 14.3% 35.7% 42.9%
3番人気 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
4番人気 0-0-2-11 0.0% 0.0% 15.4%
5番人気 0-0-1-12 0.0% 0.0% 7.7%
6番人気 3-0-1-9 23.1% 23.1% 30.8%
7番人気 0-1-0-8 0.0% 11.1% 11.1%
8番人気 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
9番人気 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-1-5 0.0% 0.0% 16.7%
15番人気 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-0
17番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

前走1番人気、2番人気はどちらも複勝率40.0%で好相性。昨年は該当馬が2頭と少なかったことあってか、好走馬は出てこなかったんですが、2017年までは毎年のように連対馬が続いていました。

前走9番人気以下は【0-2-1-41】で苦戦傾向。好走馬3頭は前走人気2,6,2番人気でまずまず人気を集めていました。

セントウルステークス 2019 前走着順別データ

前走着順 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1着 3-4-3-15 12.0% 28.0% 40.0%
2着 0-3-0-8 0.0% 27.3% 27.3%
3着 3-1-0-7 27.3% 36.4% 36.4%
4着 1-0-3-10 7.1% 7.1% 28.6%
5着 1-2-0-10 7.7% 23.1% 23.1%
6着 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
7着 0-0-2-7 0.0% 0.0% 22.2%
8着 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
9着 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
10着 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
11着 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
12着 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
13着 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
14着 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
15着 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
16着 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
17着 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
18着 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

セントウルステークス 2019 前走タイム差別データ

前走タイム差 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
-0.4秒以上 0-0-0-0
-0.3秒 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
-0.2秒 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
-0.1秒 2-1-2-4 22.2% 33.3% 55.6%
0秒 0-3-1-8 0.0% 25.0% 33.3%
0.1秒 1-2-0-6 11.1% 33.3% 33.3%
0.2秒 2-0-1-11 14.3% 14.3% 21.4%
0.3秒 2-1-1-11 13.3% 20.0% 26.7%
0.4秒 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
0.5秒 0-0-2-9 0.0% 0.0% 18.2%
0.6秒 0-0-0-12 0.0% 0.0% 0.0%
0.7秒 0-0-1-10 0.0% 0.0% 9.1%
0.8秒 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
0.9秒 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
1.0秒以上 1-0-1-24 3.8% 3.8% 7.7%
計測なし(海外レース組) 1-2-0-1 25.0% 75.0% 75.0%

前走5着以内が【8-10-6-50】で中心。各年2頭以上の好走が続いています。予想の中心はここからとなりそうですね。

前走6着以下は【2-0-4-67】で、好走馬6頭は前走6番人気以内から。前走7番人気以下は【0-0-0-46】。

セントウルステークス 2019 前走上がり3Fタイム順位別データ

前走上がり3Fタイム順位 1着-2着-3着-着外 勝率 連対率 複勝率
1位 2-1-3-13 10.5% 15.8% 31.6%
2位 0-1-2-16 0.0% 5.3% 15.8%
3位 1-4-0-9 7.1% 35.7% 35.7%
4位以下 7-4-5-79 7.4% 11.6% 16.8%

前走上がり3Fタイム3位組は【1-4-0-9】で優勢も、好走馬5頭は全て1番人気に支持されていました。
1番人気の活躍あってのデータに思えますが、連対率100.0%は続いていますので該当馬がいれば注目したいですね。

セントウルステークス 2019 データ

・6歳
・芝重賞で5着以内の実績がある
・前走から斤量増または斤量減
・当日9番人気以内
この4点を満たした該当馬は【0-0-5-7】、複勝率41.7%。
6歳の成績が【0-0-5-33】となるので上記がこの10年の好走条件。

キャプテンペリー
シュウジ
タマモブリリアン
ダイメイプリンセス
当日9番人気を残して、その他の条件を満たしているのは上記4頭。

条件を満たせる該当馬が2頭以上となれば、何かしら好走があるかもと気になっている6歳馬たちとなります。

今年は高松宮記念を制したミスターメロディをはじめ、4歳馬が強力に映るので、堅くなるだろうと考えていますが、3着争いならというところで6歳馬たちに注目しています。