カペラステークス 2019 予想【展開利がありそうな人気馬とデータ頼みの穴馬狙い】

このカペラステークスは前半からペースが速くなることが多く、ダート戦には珍しく差しや追込馬が活躍しやすい傾向。
人気のコパノキッキング、ゴールドクイーンをはじめ、今年も先行争いは激しくなりそうなので、差し馬の活躍を期待した形で勝負していきます。

中心に置きたいのは、テーオージーニアス。

なかなか3勝クラスを勝ち上がれないでいましたが、今秋休み明けを経て18kg増とともに2戦目でオープン入り。ここ3戦は3連対と別馬になって帰ってきました。

もともとから末脚は鋭かったですが、馬体を増やしてさらのパワーアップ。重賞4勝を上げ好調な丸山騎手へ乗り替わりも好感を持てますので、重賞初挑戦ながらも一気の制覇を期待したいですね。
前残りとなれば出番はないと思いますが、このレースは展開が味方すると想定しています。

相手は穴狙いの、タテヤマとシュウジ。

記事内で取り上げた好走データの該当馬。完全にデータ頼み。
ただ、タテヤマは昨年僅差の4着の実績がありますし、シュウジはそのタテヤマに千葉ステークスで先着勝利。この舞台では大崩れがなく、適正は高いはず。

枠も人気も並んでいますので、どちらか1頭は馬券になってもらいたいですね。

◎テーオージーニアス
○タテヤマ
▲シュウジ