朝日杯フューチュリティステークス 2019 予想【阪神は引き続き前有利の馬場。先行馬固めで勝負】

先週の阪神JFはレシステンシアの逃げ切りレコード勝利。土曜日の結果からも引き続き、時計も出ていますので、変わらず前有利の馬場とみてよさそう。
先行でき、終いの脚もしっかりとある馬たちを評価していきたいですね。

中心に置きたいのは、サリオス。

前走のサウジアラビアRCは、先週阪神JFで3着に好走したクラヴァシュドールに勝利。少し差されるも、馬体を併せてもう一伸び。さらに突き放すという競馬で、着差以上に強い走りだったと思います。

前走はレコード勝利で時計勝負も問題はなく、折り合いの不安もなし。また内の偶数番と枠としても絶好枠を引き当てましたので、3連勝の条件は揃ったと期待しています。

相手は、ビアンフェ。

先週の阪神JFはレシステンシアが逃げ切りました。1枠に入れましたのおそらくこの馬が逃げてくれると思っています。マイルは長いかなと思っていますが、キズナ産駒ですしこなせてもおかしくはないはずです。何より今の馬場はプラスに働くはず。

藤岡佑介騎手は昨年9番人気だったクリノガウディーを2着にもっていきています。今回は人気馬になりますが、同じ1枠。2年連続があってもおかしくはないと思います。

もう一頭。ペールエールです。

前走のデイリー杯2歳ステークスは、差し馬が上位を占める展開を、2番手でレースを進めて3着を確保。敗れはしましたが、一番強い走りをしたと思います。

時計勝負がどうかという心配は残りますが、馬場は味方になると思いますので、積極的な競馬を期待しています。

◎サリオス
○ビアンフェ
▲ペールエール