有馬記念 2019 予想【現役最強馬ではあるがベストの舞台ではないのであえて違う馬から勝負】

今年は香港カップを回避したアーモンドアイが参戦。アーモンドアイがいなくとも豪華なメンバーでしたが、ファン投票1位が加わることでより一層グランプリにふさわしい超豪華メンバーが揃ってくれました。

前日オッズはそのアーモンドアイが抜けた1番人気。現役最強馬だと思うので、これには納得なんですが、この中山芝2500mがベストの舞台かと言われるとやはり東京や阪神といった広々したコースがだと思います。アーモンドアイが馬券外となることは想像しづらいですが、ワイド馬券が中心の自分としては、アーモンドアイから入るのは普通過ぎますし、これだけ豪華メンバーであればアーモンドアイを外した馬券で楽しみたいと思います。

中心に置きたいのは、リスグラシュー。

今年春のグランプリホースです。前走はコックスプレートを勝利しG1連勝中。そんな馬が単勝オッズ6倍台です。これは普通に単勝だけでも買いだと思います。

デビュー当時は430kg台しかない小さな馬でしたが、昨年の秋の府中牝馬ステークスでは460kg。大幅に成長してきていました。そこからの快進撃は言わずもがな。ここで引退になるものの、今がまさに完成に近い状態だと思います。

ハーツクライ産駒なので距離が伸びるのは心配はなさそうですし、前走のコックスプレートは小回りコースをまくってまくって、持続力を見せつける走りでした。この舞台も問題ないとみています。

引退を表明している馬は他にもいますが、G1レース3連勝で花道というのもひとつドラマがあると思います。

中心に置きたいのは、リスグラシュー。

今年春のグランプリホース。そして前走はコックスプレートを勝利と、現在G1連勝中です。
そんな馬が単勝オッズ6倍台。これは普通に単勝だけでも買いだと思いませんか。

デビュー当時は430kg台しかない小さな馬でしたが、昨年の秋の府中牝馬ステークスでは460kg。大幅に成長してきていました。そこからの快進撃は言わずもがな。ここで引退となるものの、今がまさに完成された状態だと思います。

ハーツクライ産駒なので距離が伸びるのは心配はなさそうですし、前走のコックスプレートは小回りコースをまくってまくっての勝利。持続力を見せつける強い内容で、この舞台も問題ないとみています。

引退を表明している馬は他にもいますが、G1レース3連勝で花道というのはひとつドラマがあると思いますので、そこにかけたいと思います。

相手はお隣の、フィエールマン。

前走の凱旋門賞は12着と大敗。日本では全て馬券内だったことを考えれば、馬場や海外遠征が合わなかったと判断しています。

流れが向いたにせよ菊花賞、天皇賞春を勝利しているようにスタミナはあるでしょうし、中山舞台は2戦2連対と実績十分。

国内での安定感はアーモンドアイやリスグラシューにも並ぶ1頭だと思いますので、ここも堅実な走りを期待。

穴には、スワーヴリチャード。

前走のジャパンカップもそうでしたが、最近のスワーヴリチャードは上がりがかかる馬場でこそ力が発揮できるとみています。過去の中山では馬券外が続いていますが、今の状態であればチャンスがあると判断しました。

内枠に入れば買ってみたいと思っていましたが、その内枠にも入れました。前走と同じように経済コースから上手く抜け出せばチャンスはあると思います。

◎リスグラシュー
○フィエールマン
▲スワーヴリチャード

◎の単勝。◎-○、▲の馬連、ワイドで勝負。