オールカマー 2019 予想【今週も前有利!馬場を味方につけれそうなあの馬から勝負】

こちらも神戸新聞杯同様、少頭数の上に2強といったオッズ。
気分は高まらないですが、レイデオロはG1と言えどここ2走は連続着外。さらにルメール騎手ではなく、テン乗りとなる福永騎手へ乗り替わり。
またウインブライトは海外レースからの休み明けと、どちらもベストということはなさそう。
2強のどちらか1頭が飛んでもおかしくないベストではない状態だと思いますので、ここは思い切って現在の馬場を味方につけれそうな、あの先行馬から入ってみたいと思います。

中心に置きたいのは、スティッフェリオ。

現在の中山は開幕からずっと前が有利な印象。ここは確たる逃げ馬不在の中、過去に逃げたこともあるスティッフェリオがハナ、もしくは2、3番手で競馬を進めてくれることに期待したいと考えました。

重賞初制覇を果たした福島記念は、マルターズアポジー、マイスタイルがレースを引っ張る、まずまず流れがある中、3番手で競馬をして、前をいくマイスタイルを差し切り勝利。同じような走りができれば、このメンバーや頭数であれば、馬券になる走りを期待できると評価しました。

相手に置きたいのは、レイデオロとウインブライト。

冒頭ではああいったものの、言っても2頭はG1馬であり、ともに中山巧者。
実績からはこの2頭のワンツーフィニッシュとなっても不思議はないですね。
どちらも極力前で、積極的な競馬を期待したいですね。今の馬場だと後ろからでは怖いですね。

◎スティッフェリオ
○レイデオロ
▲ウインブライト